<< 香と音と色 | 戻る | 記憶を巡る音 >>

無題

 


兵庫県丹波篠山辺り

福岡から千葉へ向かう途中、
京都へ向かって一般道路を走っていたときの車窓からの風景です。

お盆前、自然と人の共存による景色は、悲しくなるくらい綺麗でした。

自然と歴史は、いつも教えてくれる。学びなさいと。
人間が、知の力で自然界を汚染させ続けていることは、自然に対しても、
又命を大事に繋げてきた祖先に対しても申し訳なく、悲しいことだなと思います。


東北の人々の悲しみと鎮魂を、日本中で分かち合うことが必要だと思う。
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog