<< 玄海 | 戻る | 雨と音楽  mount sugar >>

音と絵のワークショップ



 冷泉荘全体イベント、冷泉荘ピクニックが5/21日と22日におこなわれました。
アトリエ穂音では5月29日で5周年を迎え
穂音での日本画教室とウクレレ教室は今月末で6年目にはいります。
そこで、今回初めての試み、友人のウクレレ教室講師であるzerokichiさん演奏で「音と絵のワークショップ」を開催することにしました。

13名もの嬉しい参加者で、テーブルの席はキチキチでしたが、音と絵をそれぞれに楽しんでもらえたようです。
又できあがった作品も、素敵な物ができました。
ウクレッスンのzerokichiさんの演奏を聴きながら、線と色を本人も知らない間に表現するワークショップです。



まずはウオーミングアップをしたあとに
演奏をして貰いつつ、線と色で、いつのまにやら表現できてましたね。









今回は色は好きな色を3色、選んで貰いました




音を聴きながら線を描き、その次は色を塗りました。
























いや〜〜、本当に面白かったです。
ウオーミングアップも2枚目になったらかなり皆さん自由に好きなように描けていましたね。












ウオーミングが終わったら、本番のポストカードへ、、。
魔法で?気づくと線が、色ができあがっていましたー。

作品の下にある言葉は、私が作品から受けた印象を書いています。


ビブラートが効いた音とリズム




柔らかくて軽やかな音




こだまのように反響する音




緩やかで伸びのある音とリズム




静かで澄みきった瑞々しい音




いきいきと弾んでいる音




柔らかくて優しい音




澄んでいるけど強い音




音の共鳴と合わさる音




ふわふわして心地よい音




リズムと流れるようなメロディ




静かな中に時々響く音




優しく強い響きの音






音に影響されながら、感覚で描く世界はどうでしたか?

音の印象、音を聞きながら弾いた線、塗った色
皆さんの作品がそれぞれとても面白かった。
結構高度のワークショップだったかもしれません、、。
いつか美大の授業で、やってみたいです。


思うような所に線や色が引けない、塗れないということが、
かえって無作為になり面白い作品になってましたね。





ポストカードも完成したあと
お茶とちょっとしたお菓子で休憩し
ミニライブがはじまります。











今度はじっくりライブ演奏を聴いてもらいました。











参加された皆さん、ありがとうございました。
又お会いしましょうね。
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog