<< 日本画教室 | 戻る | 言葉 >>

sones教室

 今日は14時から、(正確には昨日ですね)
薬院の「ソネス」というカフェでの教室でした。
ここの場所の教室では、単発の受講も受け入れています。

今日は濃い紫色のアネモネのスケッチ。、
いつも近くの「カシュ・カシュ」というお花屋さんから購入。
すぐ近くにあり、私もここで選ぶのが楽しみの一つでもあります。

今日は、2年程か習っている方、ウオーミングアップのあとに、墨と顔彩でスケッチをして貰い、
青紫の花色が綺麗に出ていました。

先月末は、又別の方が、鉛筆デッサンを単発での受講。
美容室「宇宙堂」のkさんが、
鉛筆デッサンをやりたいとの本人の希望で、今回、紅いポピーを鉛筆デッサン。
デッサンなので、絵の具は使わず、鉛筆の色々な種類の濃淡で表現します。
美容師さんだけあって、全体の位置関係をつかむのが早く、良い感じに出来ていました。

スタッフにもやらせたいとのことで
ヘアスタイルを作っていく上で役立つそうです。
仕事に役立てて貰えるのは、嬉しいことでした。



なぜスケッチやデッサンをやるのか?というと
スケッチやデッサンは、スポーツで言えばジョギングのようなもので
基礎体力をつけるための練習と思って貰えば、わかりやすいかなと思います。
地道に焦らずやり続けることで、必ず、より上達していくのが自分でも判るはずです。

そしてそれは、慣れることにより観察力が上がっていくこととも関係していて
結果、表現力が増すのです。






comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog