<< 10/19(土)〜21(月) <ゆれる形/流れる色> jobin. & Miwo Hisa EXHIBITION in アトリエ穂音 | 戻る | 2020 年  今年もよろしくお願いいたします。 >>

京都東山にて日本画ワークショップ「桐箱に描く」

12月14日(土)日本画ワークショップ「桐箱に描く」をご依頼いただいて
京都東山の高台寺参道すぐ路地に入った場所の個人宅のお茶室で、開催して来ました。
参加人数は7人でしたが、仕事のご都合でキャンセル1名あり、合計6名の方でした。
図案は、こちらで江戸時代の琳派を参考に、オリジナルで考案した物です。
個人宅のお茶室は昔ながらの京都らしいお家
2回に10畳のお稽古用茶室が作られてお母様がお弟子さんに裏千家のお茶を教えていたそうです。
とても趣のある襖は、板木判に雲母を引き紙に型押しされた模様や文様の唐紙といわれる物で
襖紙の文様は、昔は京都の唐長さんなどでよく作られていたようで、京都では、古くからきちんとお金を掛けて作られた家の襖は昔は大抵唐紙でした。
今や貴重です。
美大生の頃に京都嵐山の鹿王院で、大正時代に作られた立派な木造建築の錦嵐荘というアパートを見つけて、そこへ住んでいましたが、昔は株式会社の社宅だったそうで本当に素敵で、しっかり作られた黒光りした階段などは踊り場があり外観は洋風、広い廊下と木製のドア、室内部屋は畳で出窓がありタイル張り流しの小さな半間のキッチンもあり、立派な作りでした。
そこの襖がやはり唐紙文様の襖でした。
雲母が使ってあるので一見無地に見えますが、角度を変えると白銀色に文様が浮かび上がり、上品で本当に好きでした。
学生時代に住んでいたので当時写真に撮っておけば良かったと、今でも深く後悔しています。
そのアパートももう建て壊されてワンルームマンションになっています。
いまは、古くからのおうちでも、新しく張り替えられたりして、よほどでないとなかなかもう見かけません。
このお茶室の襖は、その唐紙が使われていた時代の襖で本当に上品で素敵です。可愛らしい花紋いりの七宝文様です。
茶室でワークショップが出来るとは、とても幸せな時間でした。
主催者の方の心づくしに感謝しています。
時間にさえ余裕あれば、ワークショップ後に、参加された皆様と主催者の方へ一服差し上げたかった。
ちゃんと裏側に水屋もあります。
お茶をやっている者としては、うらやましい限りでした。
さて、参加者の皆さんの完成品です。
皆さん京都の美大や、京都市内の美術工芸高校出身の方ばかりと聞いていたので
少し高度な図案を用意していきましたが、やはり手先が器用で、上出来でした。
それでも日本画自体は初めてという方達へ向けてのワークショップですので
図案の写し方、骨描きの仕方、胡粉の溶き方と塗り方、水干絵具と膠の練り方と作り方、
彩色の順番と彩色の仕方、色配色と色調合、色の差し方、ぼかし方
などを指導し、経験していただきました。
次回あれば、今回やったこと+岩絵具などを経験していただきたいですね。
出来上がり、美しく仕上がりましたね。
参加の皆様、お疲れ様でした。
主催者の方からは、お気遣いを沢山していただいて、とてもありがたかったです。
感謝しております。
※使用した日本画材
水干絵具(京都 彩雲堂)
油煙墨(奈良 古梅園)
膠、胡粉(宇治 中川胡粉)
金泥、青金泥、銀泥(京都上羽絵惣)
毛筆/彩色筆、霞筆、隈取筆、面相筆
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog