<< 望雲「12月の音」展/桐箱に日本画絵具で古典図柄に彩色するワークショップ | 戻る | 石牟礼道子さん追悼講演会と、熊本にちなんだ作家のセレクション展/ EUREKA >>

熊本放送RKKラジオ

 

 

節分も終わり、旧暦では新年となるそうです。
かなり久しぶりの更新となりますが、昨年11月末結構ひどい風邪を引き
微熱のある状態で色々な行事を済ませつつ、何とか治し
そのまま忙しくしていましたら、今度は年末から新年を京都のアパートで過ごして初詣の人混みでもらったのか
新年早々、2日に福岡へ帰ったとたん熱が出てインフルエンザでした。
8日間でやっと治り、中々体調がもどらない状態が続いていたところへ、1月末から別タイプのインフルエンザにかかってしまいました。
まだ咳は出ていますが、3日の昨日夕方辺りからやっと熱が平熱に引いたところです。

そんなわけですので、すでに放送日も終わってしまったのですが
2/3日放送された熊本放送RKKラジオ「村上美香のヒトコト」番組にゲストで日本画についての話をとのご依頼いただいて
1/11日に熊本へ収録へ行き、
その時もインフル病み上がりでしたので、ちょっと声も聞きづらいとは思いますが、
日本画とは?という質問に対して、
(もちろん現代の日本画においては定義は様々だと思いますが)
自分なりの思うところを(先人たちの日本画や古画を通しての、自分なりの定義を)簡単にお話ししてきました。

1時間ぐらいは収録したのですが、実際の放送は30分とのことで
前後編集されて部分的になっていると思います。
収録当時も病み上がり状態で、言葉も足りないことが多々あるやも。
あくまで伝統的日本画に対する比佐の考えというところで、他の作家さんで違う考え方である方は、どうぞお聞き流し下さると幸いです。


放送日は熊本帰省の予定だったのですが
インフルエンザで中止となり、実際聴けず少し不安で、放送から6日間なら、ラジコに登録している方のみ他府県でも聴けるそうですので、

ラジコ登録して実際、聴いてみました。やはり本人説明不足のところが沢山あり
例えば、膠が牛皮を煮て作ってあることなどは説明していないので
全体的にさわり的な話ということで、お許し下さい。

 

他はまあ、思うところは話せていたように思います。

京都に住んでいるような誤解を与えたかもしれないとか、色々心配性で、ちゃんと説明しなかったなとか色々反省点は沢山ありました。


パーソナリティーの村上美香さんはとても綺麗な、感じの良い気さくな方で、
とてもリラックスさせて頂きました。

他のスタッフも皆さん全て感じよく、チームワークも素晴らしくて仕事の現場を拝見させて頂いてるような雰囲気を作ってくださって、とても感謝しています。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog