<< 2018 5/18(金)〜22(火) 日本画尖展 /ウイングス京都 | 戻る |

望雲さんの「木と花展」 展示が終わりました。

観に来てくださった方々へ、ありがとうございました。

*写真は望雲さんのfacebookより頂きました。
素敵な展示でした。
桐箱に日本画材で彩色するワークショップも無事に盛況の終えることが出来ました。
比佐の作品も最終日の雨の中openしてすぐ、どなたかが購入されたそうです。
どなたか存じませんが、ありがとうございました。
桐箱額も作家さんもので、その中に植物標本箱のようなイメージで
紫陽花のひと額を閉じこめたように作った作品です。
本絹に日本画絵具の水干絵具、岩絵具、胡粉、墨、膠(絵具接着用)を使い描いています。
少し早いですが、梅雨の思い出を閉じこめて楽しんでもらえたら幸いです。
                                       濱中史朗さんの花器
薬院のお花屋さんcache-cache https://cachehana.exblog.jp/
さんの選んだお花達も販売されていました「ユメホタル」だそうです。可愛いので買いました。
ピッチャー風の花器も、萩の濱中史朗さん
花器は濱中史朗さん、桐箱額入りの日本画作品が比佐。
左の花器は濱中史朗さん    右の桐箱額作品は比佐
右下はイラストレーターの川口澄子さんのポストカード
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog