<<  アトリエ穂音10周年日本画教室生徒ダイジェスト版作品展( 穂音・SONES・若久 教室生徒作品展) | 戻る | 福岡での個展のお知らせ >>

熊本・倉永養蜂園への募金ありがとうございました、ご報告です。

実家から歩いて5分程の 水前寺成趣園(通称 水前寺公園)の裏手東側にある、ジェーンズ邸の裏道 崩壊していました。

 

 

7月2〜4日に、熊本の実家へ震災以降2回目の帰省をしてきました。

実家は、市内中央区水前寺5丁目にあり、水前寺成趣園の丁度東面裏あたりで、
この辺は6軒に1軒位の割合で、屋根や家の外壁面が割れたり剥がれ落ちたりですが、
ほとんどの家の石塀は、倒れ崩れ落ちています。
水前寺成趣園の東側裏の小道
実家は、全然ましな方で、
部屋の内部壁のひび、隙間ゆがみと、ピアノが動き当たって穴が開いた内壁
トイレ貯水タンクの割れ、食器類や陶器の損失
建物外部壁面のクラックやひび割れ位の一部破損でした。
水前寺成趣園内にある 出水神社      上は今年1月、下は6月初め、灯籠や鳥居は倒れて落ちて全て撤去されています。
下はジェーンズ邸表側
熊本市内も、同じ場所であっても差がありますが、地域の差もあります。
大まかに説明すると、同じ中央区でも水前寺は、熊本城や中心繁華街から交通機関で15分位の東方面にあるのですが、その先に東バイパスがあり、そこを超え東区となって15分程で健軍へ、そこをさらに5分程東に行くと東区のはずれに沼山津があります。
そこまでは熊本市ですが、市外地である隣町との境目でもあり、その隣町とは震源地の益城町になります。
益城は、高速道路の熊本インターチェンジ口でもあります。
そこをさらに東方面へずっと車でいくと阿蘇方面の外輪山の方へと続いています。
今年1月にopenした「tearoom mitubachi」は、東区の沼山津の倉永養蜂園にあり、
古い納屋を半分住居と半分喫茶店とにリノベーションされていたのですが、結局全壊の被害でした。
全体に斜めに少し傾いているので、それを引き起こす工事をし、リノベーション工事をやり直し、お店は再建する方向になったそうです。
皆様からの善意の気持ちである寄付を、やっと6月に彼女へ渡してきました。
3月開催した、東京からライブで来られた熊谷太輔さん、zerokichiさん、オオタユキさん投げ銭ライブより全額寄付していただいた分と、5月穂音10周年記念ライブ会場に置いた募金箱+教室作品展に置いた募金箱と、穂音からの寄付と、別のライブに来られたお客様が寄付をして下さった分とで 全て合わせて5万円です。
大橋にあります「ギャラリー悠遊」さんはじめ、沢山の方々のお気持ちが嬉しかったです。
彼女から、寄付をして下さった方々に、くれぐれもよろしく伝えて下さいとのことでした。
ありがとうございました。
蜂蜜の貯蔵タンクが倒れたため、在庫が少ししかなく
皆様に蜂蜜は当分販売することは出来ないそうですが、来年の春が過ぎて夏になればきっと採集できることと思います。
お店は、屋根も瓦が落ちてしまっているので、ブルーシートを屋根に全面貼ってありますが
隙間から雨はどんどん入ってくるので、店の中には水たまりが出来ていました。
ほんの少し手伝いに今回行くことが出来ましたが、沼山津はあたりは3〜4軒に1軒は、ブルーシートを屋根に取り付けています。
被害が、震源地に近くなる程に酷くなっていくのがわかります。
彼女の住居兼店から車で10分位先になる震源地である益城町は、もう酷すぎて信じられない光景でした。
重量が感じられない程、家がジオラマの模型のように、あちこちに斜めに傾いて壊れて転がっている感じでした。
つぶれて完全に崩壊している家も道路沿いにも沢山ありました。新しい家も古い家も全く関係なくです。
かろうじて残っている家も、ほとんど全部の家が屋根全体にブルーシートが掛かっていました。
家財道具も何もかも一緒くたに壁面も落ちてなくなり、傾き崩壊しめちゃめちゃでした。
手の施しようが無く、悲惨としか言いようがなく、写真を撮る気にはなれません。
写真は、一枚も撮っていません。
引き続き、どんな形でも良いので、今後も被害のあった町や場所へ応援をしていかないと、と思います。
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog