<< 九州国立博物館・クリーブランド美術館展 | 戻る | 日本画教室 >>

 「琳派の燕子花を描くワークショップ」/九州国立博物館・クリーブランド美術館展



九州国立博物館で8/31日まで開催されています「クリーブランド美術館展」
展示中の企画として、企画展示課の学芸員、鷲頭さんの企画で、
日本画ワークアショップを開催しました。
題して「琳派の燕子花を描く」
水干絵の具は、京都の彩雲堂さん
岩絵具と膠、胡粉、諸々の画材道具は福岡の山本文房堂さんへ
材料をお願いしました。

色紙の彩色用として、完成見本品をあらかじめ制作し、
燕子花の絵を描いた草稿をコピーし、草稿(下絵)として、皆さんに使って頂きました。

 



渡辺始興の「燕子花絵図屏風」から、選んだ一部をトレースし
下絵として作りましたが、画風の印象は簡略デザイン化されてはいるものの、
沢山の写生をしたものをベースに作っていること、
右隻と左隻では、写生のレベルが違う事など(右隻の方が写生レベルが高い)色々な発見がありました。
狩野派のように、写生帳から起こした同じ図案を使い回し制作している感じは受けませんでした。
写生に重きを置いて作っている感を受け、勉強になり
面白い企画を頂いて、私もやりがいのある仕事となりました。
又、できあがった方から順に展示室へと移動し、渡辺始興の「燕子花図屏風」を学芸員さんの案内のもと
自分の描いた部分を確認できるというお楽しみもあり、内容の濃いワークショップだったことと思います。


8/22日  子供の部  


8/23日  大人の部  応募54名だったそうで厳正な抽選の結果、
参加された10名の方々でした、ありがとうございました。



学芸部企画課の鷲頭さん、学芸部文化財資料管理室の畑さん、
学芸部博物館学課の秋山さん、
交流課の池内さん、スタッフの皆様、誠にお世話になりました、ありがとうございました。
急遽お手伝いしてくれた、修復室の今泉さんもありがとうございました。


 

 
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog