<< 梅見月 | 戻る | 2014年4/8(木)〜13(日)京都市美術館・第20回「尖展」 >>

弥生


山茶花(筆によるスケッチ)/講師  比佐 


 
3月になり、少し暖かくなったと思うと、三寒四温で
急に寒くなったり、雨が多かったり、天候が落ち着かないせいか、
又風邪を引いてしまいました。

今年は、咽をすぐに、やられてしまい、
そうなると、熱が出て、しつこい咽の痛みと咳で、長引き辛いです。
4月初めの、京都市美術館での尖展に向けて、現在制作中ですが、体調を崩してばかりで思うようにはかどらずに困ります。

 

それでも、春は着実にやってきていて、庭ではフキノトウが次から次ぎに芽吹き、
今年も蕗味噌を沢山作りました。

ご近所では、そろそろ沈丁花(ジンチョウゲ)の花の香りがしてきています。

 

写真は、 アトリエ穂音での、2〜3月の土曜昼〜夕方、平日夜の日本画教室風景です。
皆さん、それぞれ写生、スケッチをしているところ。

アトリエ穂音/土曜昼教室

土曜夕方教室



土曜夕方〜夜教室

平日夜教室

平日夜教室


ソネス教室

若久教室
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog