<< 12月の望雲「日本画月一会」 | 戻る | 今年もよろしくお願いいたします >>

「金屏風と白い蝶」


この席で、お抹茶とお菓子も頂けます。





アトリエ穂音日本画教室、cafeSONES日本画教室、若久自宅日本画教室
の生徒と講師の合同作品展が開催中、丁度、なかび、折り返し地点となりました。
 
18(水)の明日は、作品展と音楽のコラボLive「冬の音景〜白い蝶を探して」
(出演/西村周平・ギター/zerokichi・ウクレレ)
ろうそくの明かりで、作品の金屏風と音の景色が、ご観覧の皆様の脳裏に、どう映りますでしょうか?
 







今回、それぞれが描きたい物をスケッチから草稿を作り、構図を決めて、写し、下塗りをして
日本画絵具で彩色し終え完成させた、それぞれの金屏風作品の展示位置を決めてから

白い蝶がそれぞれの絵の中を飛んでいくように、構図や草稿を本人の希望や、流れなどを考え
話し合いながら決めて、蝶の下絵を作り、それを写して貰って、皆さんに各自、彩色して貰いました。



 
いわば皆で1つの物語を作ったコラボ作品なのです。
 
一枚一枚の構図が、成り立つように考えながら、同時に全部一同にそろって1つの作品となるように
一羽の蝶が、アニメーションのごとく、各場面を飛んでいくように感じてもらえるよう、
繋がるようなイメージで、描かれたものであります。


 
そしてそれは、生徒の皆さんと私とのコラボでもありました。
自由に、一羽の白い蝶の物語りを想像しながら観てください。





この一羽の蝶が飛び立ちます。




http://blog.livedoor.jp/hisa20056/  こちらのブログも、どうぞ。









 
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog