<< 山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画」教室作品展 | 戻る | 12月の望雲「日本画月一会」 >>

12/14 (土)〜22(日)アトリエ穂音教室作品展「金屏風と白い蝶」(穂音+cafeSONES+若久教室) 





福岡市博多区上川端9-35リノベーションミュージアム冷泉荘 A棟31号 「アトリエ穂音」にて
 
アトリエ穂音教室 薬院のcafeSONES教室、若久の自宅教室、の講師(比佐)と生徒作品展
    「金屏風と白い蝶」
  12/14(土)〜22(日) まで開催されます。
  open/ 12:00〜19:30
  場所/ アトリエ穂音


 
今年は、小さな「金屏風」に描いて貰いました。
どんな琳派風の(江戸時代の俵屋宗達や尾形光琳などに表される表現のひとつ)金屏風が完成していますか?
どんな現代アート風の金屏風が完成していますか?
それぞれの皆さんの、今、描きたい物を、今までのスケッチや新たなスケッチから下絵を作り、金の屏風に描いて貰いました。
そして、なぜか、そこには、一羽の白い蝶が?
屏風での物語の始まりです。
 
*期間中は、お抹茶と焼き菓子の喫茶も出来ます。
(お抹茶と和の焼き菓子/600円)
さてさてお楽しみに!
そしてもう一つのお楽しみは、、、、
<作品と一緒に音楽を>
作品展に寄せてインストLIVE
 
 *12/18(水)「 冬の音景色 〜白い蝶を探して〜 」
    出演/ギタ−西村周平・ウクレレzerokichi
    19:30〜open ・ 20:00〜start
    料金/ 2000円(ドリンク付き)
穂音でのソロは初めての、重ねた色々な音達での幻想的な曲想と世界観を聴かせてくれるギタリスト西村周平さんと
アトリエ穂音のLIVEとウクレレ教室でお馴染みの、美しい音色のウクレリアンzerokichiさんとの、
インストゥールメントルLIVE
生徒の皆さんと講師の描いたミニ金屏風をバックに、重ねられた色々な音とギター、ウクレレの音の世界が広がります。
そして白い蝶の行方は?


どうぞ、お楽しみに!

 
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog