<< 展覧会のお知らせ | 戻る | 望雲/日本画材ワークショップ「桐箱に描く日本の文様」 >>

水無月

 

2013年5/28〜6/2開催 尖展作品「留流」/京都市美術館本館


尖展の搬入、展示会期と、搬出も終えて、先週に京都から帰ってきました。


あとは、6/23日(日)まで、
熊本市現代美術館でのコレクション展vol・4「来た見たクマモト」に「空の記憶」作品が展示されております。http://www.camk.or.jp/event/exhibition/camkcollection04/
皆様、どうぞご観覧下さりますよう、お願い申し上げます。





毎年、京都での展示の時、搬出当日に福岡へと戻っていましたが
今回は、少し余裕があり数日間の滞在を。



その間、鴨川と高野川でヒメジオン、ハルジオンのスケッチをしてきました。
やはりこういう時間が大切です。
真昼から夕方まで4時間ほどでしたが、久々に心ゆくまで、楽しみました。
そのあとは下鴨神社へ、夕暮れ前、小川の流れる糺の森を抜け、お参り。
アパートへ戻り軽い夕飯を。






翌日は自転車で出町柳商店街から北上すると上御霊神社に行き当たりました。
お参りし、そこから西へ自転車を走らせ、わら天神へ。
そのあと下がり、嵐電北野線で妙心寺まで。

お目当ての狩野山楽、山雪 作の襖絵のある天珠院は3時半で閉まっていて観れませんでしたが、法堂にあります狩野探幽の八方にらみの龍の巨大な天井画を、大学以来で観る事が出来ました。

今回は色々な不思議な縁を感じることが多々あった滞在でした。





 
comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog