<< 今年もお世話になりました | 戻る | 三日月の夜のボードビル >>

明けまして おめでとうございます

 自宅で年越しそばの、ざる蕎麦を茹でて食べ
又今年も新しい年を無事に迎える事が出来ました。

一年に一度の正月くらいは贅沢をと、年末は山荘通りの食材店「makii」で、食材を仕入れ
さすがに身体はしんどいながらも、色々とお正月料理を作る事を毎年の楽しみにしています。
毎年同じ様な、お正月の定番メニューですが、
こうも一年が早くなってくると、もっと献立を変えた方が良いのかとも 思ってきますよね。


私が必ず作る定番は、ほとんど実家の母の定番、見よう見まねで作るようになったものばかり、
黒豆煮、田作り、鰹節あえ数の子
紅白なますのイクラ散らし、
蕪の薄輪切りの〆鯖挟み(金沢のかぶら寿司を真似て、今年はブリを)
卵焼き、茶碗蒸し
ゆで豚叉焼、ローストビーフ(牛肉のたたき)、
きんとん(今年は生徒さんに、長野の「桜井甘精堂」の栗のみで出来たきんとんを頂きました、ありがとう)
鶏ガラだしのお雑煮(焼き丸餅、椎茸、里芋、カツオ菜、金時にんじん、大根、鶏肉、焼き豆腐)
ちなみに焼き豆腐は、熊本の実家の父が好み、母が入れるようになったそうで、一般的ではないと思います。あと、熊本ではカツオ菜でなく京菜でした。


今年は、あと、市販のかまぼこ、からし蓮根。ぶりの刺身、ウニ。
日本酒は広島の純米吟醸「竹鶴」です。




普段は犬と一緒に席につくなどはしませんが、
お正月のみテーブル席、縁起物として雑煮の鶏肉と野菜と餅を、その他、ぶりの刺身、ローストビーフ、お裾分け。
猫のクロには刺身とローストビーフのお裾分けでした。

皆さんのお家のおせちとお雑煮の中身はどんな献立でしょう?

今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 


 

comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog