<< 広島、呉市から御手洗町へ | 戻る | 熊本県立第二高等学校50周年記念事業  卒業生+現役生 美術展 >>

10/12 「秋の夜長の音楽会」が終わりました



10/12(金)20時より
東京よりボードビリアンで楽しいショーをくりひろげる「バロン」君、www.aroundtheworldorchestra.com

大分より「baobab」www.baobab-8.com
 
を迎えて、福岡のウクレリスト、zerokichiさん www.yakuin-records.com
と、「秋の夜長の音楽会」の舞台が幕を開けました。

こんな楽しいショーになるとは、お客様達の帰られて行く時の笑顔を見て、
とても幸せな気持ちになりました。

口々に帰り際「ありがとう」と言う皆さんの言葉と共に、ありました。







                
           さて、はじまりますー、


文章と写真では現場を表現できないのがもどかしいですが、やはり、その場で聴くのが一番

      
            ウクレレの音色が流れ重なり
      
                  フィドルと、ギターと、バイオリンの音色と声の音色が重なり
      
              ウクレレと、うた、おもちゃ箱から出てくるようなカラフルな音色達、
      生ているように 踊る帽子と、タップダンスの靴音とに、重なって

           

  そのあとは、  沢山の拍手と笑顔と共にアンコールが、はじまりました。
              

               
気持ちよくて、楽しくて踊りたくなって、笑って、そしてやがて、ほろ、とする気持ちで一杯になり、
聴いていました。
楽しく悲しく嬉しくて懐かしい曲と思い出といっしょに、

そして、私は又、幸せな気持ちになりました。


        

         そして、いよいよ  秋の夜長の音楽会は、終わりました。
                         本当に良いライブでしたよね!

今回来られた方々はとても幸運だったのではないかと、私は思います。

                         
                

          *今回、穂音の会場での展示  singo okazaki  さんの作品です。

観たかったけど、この日来れなかった方は、警固のcoffonまで、是非観に行かれてください。
10/31日まで展示中です。
期間中は、作者ご本人も時々、coffonに顔を出していますよ。



comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog