<< 福たび企画/「香と日本画のワークショップ」 2 | 戻る | 梅雨の音景  >>

5月22日「火曜ウクレレ劇場」 無事にお開き

 22日の火曜日には、アトリエを会場に、ライブイベント「火曜ウクレレ劇場



東京より,バロン君http://www.aroundtheworldorchestra.com/
が、浅草の演芸場さながらにお客さまを楽しませ、沸かせて、しんみりとさせ
笑いあり涙ありのライブとなりました。
そして、
福岡の宝物、とんちピクルス、ウクレリストのzerokichi、
この3人で
沢山のお客さんを楽しませてくれた、素晴らしい夜でした。



東京在住のイラスレーター、小池アミイゴさんが震災後に、東北を訪れ描いたスケッチ、
バロン君がそのスケッチを見てつくった曲も披露してくれ
その歌詞と唄声に、切なくて涙が出ました。

そして、以前ブログで見たアミイゴさんのスケッチも脳裏に浮かびました。


だんだんと、温度差の開きが出るこの街で
私も、一人の人として、画家として、今まで同様にちょっとずつ出来ることを続けてくことを、
思います。




来てくださった30名のお客様、本当にありがとうございました。
温かい心で、皆さんと 心がひとつとなった気持ちになりました。






とんちピクルスの1曲目、あまりライブでは聴かない曲で、心惹かれました。
「この世の崖」










ワインの栓が、ぽんっ!
ハプニングもありましたが、素敵な曲中に取り入れて味付けしてくれたzerokichiさんに敬意。。。
今回も演奏、とても良かったです。












1回目のアンコールは、3人での「夢の中で泣いた」(とんちピクルス)
福岡に引っ越してきて、初めて出会った曲のひとつ
今や心のバイブルとなりました。







そして、2回目のアンコールでバロン君が唄った 
「WRAP YOUR TROUBLES IN DREAM」
皆さんにとっての、忘れられない心に残る曲と、又なったらいいなと思います。






♪ 夢を見るのさ,
素敵な夢を    



*今宵のワンドリンクは、とどろき酒店http://www.todoroki-saketen.com/ から
  微発砲日本酒 「三井の寿CO2」
  赤ワイン  「ルイジュリアン 赤10,5%」  
  フランスの、有機白ワイン 「アトゥラ ブラン」  でした。
  味見しましたが、エグミが無くて、美味しかったです。



comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









アトリエ穂音 blog