4月 穂音日本画教室


4月の教室の様子。
第2、第4日曜日の13:00〜15:00までの山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画教室」あといつも、
アトリエ穂音で、16:00〜18:00 過ぎまで、日本画教室です。

生徒のスケッチや、作品をアップします。

希望で、自画像のスケッチをしている方
特に右側のお顔が似ていますー。

立彼岸桜をスケッチした方 
細かく繊細に描けましたね。

お祝いで頂いたスイートピーを自宅でスケッチされてきたものを
色紙へと描き、ただいま制作中の方
あと少しで完成です。

下記載の写真は、今日、完成された方の作品
山本文房堂地下ギャラリーで5/31〜6/5まで開催します「教室合同・生徒作品展」用です。
お疲れ様でした!

 




 
comments(0)

3月 アトリエ穂音の日本画教室 



アトリエ穂音では 月2回予約して来ていただく 土日昼間〜夕方と、
平日の夕方〜夜の日本画教室があります。

皆さん余暇を楽しむ為に、将来のためにも、習われているのですが、
熱心に真面目にやっておられます。
全ての教室では、
スケッチの仕方、絵具の混色による色の表現、胡粉、水干絵具、岩絵具の練り作り方、構図
等を、指導しています。
完成したものをアップします。それぞれに、とても素敵です!
完成おめでとう!
全て生徒さんの作品です。皆さん良い出来あがりです。





この生徒さんは、文楽で使う練習用の扇子を描きたいと思われて習いに来ています。
がんばってくださいね!
 
先月は、育休お休み中の生徒さんが家族で来てくれて、嬉しい時間でした。
元気な姿を見られて、楽しいひとときとなりました。
お土産もありがとうございました。
comments(0)

出張日本画教室 


望雲での4 月の「日本画月一会」は
楽しくお喋りもしつつ、しっかり手も動いていました。
この教室は、月に1回しかありませんので、今年は合同教室生徒作品展用の作品は見送ることにします。
のんびりやって行きましょう。
写真をデジカメ電池切れで撮れず、すみません。



山本文房堂アートスクールでの「基礎からの日本画教室」
こちらは月2回、第2・4日曜13:00〜
教室作品展へ向けて、こつこつ皆さん制作されています。




薬院の「SONES」での出張教室


 
こちらでは、生徒さん達の希望によるもので、
軽量石膏粘土で各自作ったアクセサリーに
日本画材で彩色しています。
それと色紙作品を同時に制作中です。



 
comments(0)

日本画教室  

アトリエ穂音の風景



1月の穂音教室より

穂音B教室・芍薬のスケッチを、金箔色紙へ写し、下地の胡粉塗り中の生徒さん


穂音C教室・本画自由制作 小下絵を作って麻紙ボードに
本番の彩色中の生徒さん


穂音A教室・金箔色紙へ、スケッチから草稿を作って、写し終えて
水干絵具で彩色中の生徒さん


穂音B教室・金屏風へ、芍薬の作品彩色中の生徒さん
 


穂音A教室・金箔色紙へコスモス、胡粉で下地塗り中の生徒さん


穂音A教室・薔薇と、愁明菊、金箔色紙へそれぞれに水干絵具で彩色中の生徒さん達






山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画教室」
制作中の生徒さん達


天然岩珊瑚を使用しバックを彩色し、木香薔薇を制作中の生徒さん

クレマチス(テッセン)を水干絵具で彩色中の生徒さん



バックに、水干絵具を使った後に、岩絵具で何十回も彩色中の生徒さん
里芋がモチーフです。


画仙紙の色紙へ、今回はまだ1年目で、百合の花を顔彩で彩色中の生徒さん



バックの岩絵具が済んだところの生徒さん、これから茎や花の部分を水干絵具で彩色していきます。


鳥の子紙の色紙にトルコキキョウを描き、胡粉の下地を塗っている生徒さん


ここから下は、出張日本画教室 「SONES」教室の教室風景です。
ここのみ、デリカテッセン・カフェのテーブルを汚さないように
教室の時は、ビニールを敷いています。

金箔色紙へ、写すための草稿を、
それぞれスケッチをもとに作っているところです。


ギャラリー望雲での出張日本画教室「日本画月一会」
ここだけ、月に1回だけの教室です。
団扇へ、寸松庵金箔色紙へ描いている途中です。
 
〜お知らせ〜
*2月の「望雲・日本画月一会」は、
2/12(金)19:00〜です。
渡辺2丁目・待鳥ビルヂングの5F「望雲」にて。

*2月の若久教室は、
2/18(木)11:00〜16:00と、2/25(木)11:00〜16:00です。

 
comments(0)

日本画教室の忘年会


山本文房具堂の昨年末日曜の教室
この日は、終わった後に穂音で日本画教室をやり、そのあと
合同忘年会でした。


この日は山文教室は、仕事の都合でお休みの方もおられましたが、
忘年会は13名の参加で、楽しい時間でした。

場所は筑紫女学院裏の「trene」






色々な職業の方が居られて、皆さん人生を充実させて趣味と余暇も楽しみ、
素敵な方ばかりだと思いました。
いつも思いますが、私もこうありたいと思う方達ばかりです。

参加できなかった、生徒さん達も沢山居られたので、
今回は残念でしたが、小分けでプチ新年会でもやりましょうね。

 



treneの皆様、美味しいお料理、ありがとうございました!
comments(0)

日本画教室12月


この日は12月も最後の週の土曜日とあって、テーブルに満席。
7名〜8名は来ていたので、バタバタで写真は撮り忘れていました。
皆さん帰ってしまい、遅くまでの時間帯予約の方達だけとなったときの写真です。

日本画C教室「自由制作」の生徒さんで、左が小下絵(完成予想図)と、
本画の下地(胡粉塗り)の段階です。

日本画A教室の生徒さんの作品。
干支のお猿さんを筆遊びで、筆運びを習いながら描いて貰いました。
とても上手に描けています。この筆遊びの良さは、
ひとり一人が違った絵図になるところがミソ、
手本を見て写すより、のびのびと描けて、とても画期的方法だと思っています。

 
日本画B教室 若久教室の生徒さん
ひとり一人、全く違う感じになっていて魅力的です。
お年始の飾りにぴったりです。
昨年の生徒作品展の時に作った寸松庵掛け軸に掛けると素敵だと思います。



B教室の生徒さん。
着々と出来上がっていって、先々楽しみなことです。
芍薬ですが、牡丹のような華やかさが花びらにあります。
扇形に切った薄美濃紙を貼って、それに描いています。

 
とにかくこの日は、他にも
出来上がったのに撮り損ねた作品が一杯でした、残念。


 
comments(0)

日本画教室 11月〜12月前半

続きです。
 

アイリス
骨描き後、胡粉で下地を塗っているところ

又別の生徒さん、淡いクリームピンクの薔薇に仕上がる予定です
胡粉で下地を塗り終わったところ


望雲での「日本画月一会」の生徒さんが、12月のみ穂音で受けました。



望雲の生徒さんの、「筆遊び」それぞれ運筆を習いながら描いた干支のお猿さん
それぞれのお猿さんになって可愛いです。


日曜教室

スケッチにトレーシングペーパーを置いて鉛筆で写しているところ
これが草稿(下図)になります。

本人の希望で、彼女は自画像を、鏡を見ながらスケッチ、筆で描いています。

別の生徒さん、やはり本人の希望で、蛤の貝殻に水干絵具で描いています。

だんだんと進んでいますよ。


入って1年位の生徒さんです。ミニ色紙作品も2枚目を完成させました
膠、胡粉、墨、水干絵具、岩絵具まで使用しました。
良く描けていますよ。
昨年の作品展の寸松庵掛け軸の作品へ色紙交換できますね。



しかし、早いもので
今年もあと3週間です。
12月後半も、どうぞよろしくお願いしますね。



 
comments(0)

日本画教室  10月〜11月

久々に、アトリエ穂音の日本画教室の写真を、10月〜11月分まとめてアップします。
全て生徒さんのスケッチと、制作途中の色紙作品です。




生徒さんの、ホトトギスのスケッチ

鶏頭の色紙途中、骨描きし終わったところ(筆で、下書き線を描くこと)



又別の生徒さん、これは胡粉で花に下地と葉っぱ茎は水干絵具にて彩色途中

骨描きしたものへ下地の胡粉を彩色しているところ




これは「ムベ」のスケッチ、実は「アケビ」と似ていますが、葉っぱが違うのでわかります。

胡粉で下地を塗ったあとに、水干絵具で花びらへの彩色途中
着々と進んでいます。水干絵具で。

これは番外編で、本業カメラマンの飛び入りさんと、穂音生徒

にっこり
 

もらいたての柿、生徒さんのスケッチです


飛び入りカメラマンさん、さすがの観察力、デフォルメ・キャラクター化上手い

生徒さんC教室生徒さんのスケッチ  これは透明水彩絵具と鉛筆


B教室生徒さんが、頂いた金屏風へ描きたいとのことで、
今回は扇面型に和紙を貼って描いていきます。
これは、バックを塗っているところ。


鳥の子紙の色紙へススキを描いていっている途中、生徒さんの作品


 


これは日曜日の教室の生徒さん、穂音教室では唯一の男性です。
左から黄色い薔薇のスケッチ、骨描きし終わった所の色紙、トレーシングペーパーに写した草稿、


これは又別の生徒さんのコスモスの筆でのスケッチ
 
comments(0)

6月の日本画教室*生徒の描いた植物スケッチ達 



6月の日本画教室をまとめてアップします。
毎回写真を撮ってはいませんが(忘れている事も多々ありますので)
記録として、生徒さんの、植物スケッチや教室風景をアップしています。
この教室では、運筆を教えますので、スケッチは全て筆で描けるようになります。

京都に仕事で転勤になっているhさんが、福岡へ帰省した時に、アトリエ穂音で日本画教室を受けました。
この日は、Aさんも、予約が一緒になり楽しい時間でした。2人とも集中して描いていましたよ。


B教室生徒/昼咲き月見草
A教室生徒/蛍袋(ホタルブクロ)

又別の平日夜の穂音教室

B教室生徒/昼咲き月見草 
B教室生徒/桔梗スケッチ

平日夕方〜の穂音教室
A教室生徒/桔梗スケッチ
A教室生徒/ハイビスカスのスケッチ
A教室生徒/芍薬のスケッチ

体験教室の方の、桔梗スケッチ



日曜日16:00〜の穂音教室 A教室生徒/リンドウのスケッチ


同じく日曜日の穂音教室 A教室生徒/リンドウのスケッチ

土曜13:00〜18:00の穂音教室


B教室生徒/リンドウのスケッチ

B教室生徒/リンドウのスケッチ
B教室生徒/鶏頭のスケッチ

日曜日16:00〜の穂音教室


紫陽花のスケッチ(A教室の生徒さん)

A教室の生徒さん、筆で紫陽花をスケッチしたあとに色を着けているところ

B教室生徒 色紙に水干絵具で彩色

B教室生徒 色紙に水干絵具で彩色

若久教室  平日11:00〜、13:30〜
こちらの教室は、いつも静かな時間が流れます。
庭から、採れたての植物を用意します。
 

前回は、ホタルブクロ、この日は紫陽花でした。
B教室生徒/墨と筆、顔彩でのスケッチ


平日夕方〜の穂音教室 
Aさんは、しばし産休で何ヶ月か、お別れです。



 
A教室生徒/紫陽花のスケッチ 

鶏頭を筆と顔彩でスケッチ中

19:30〜の平日穂音教室


A教室生徒/夜の部にて、鶏頭スケッチ完成しました!

筆遊びで、運筆の練習です、カタツムリ

体験教室の方です。これから、よろしくお願いします。
お疲れ様でした!


2,へと続きます〜。
comments(0)

山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画教室」


先週の山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画講座」教室の様子です。
皆さん年度末の仕事も落ち着いて、久々に顔がそろいました。

日本留学中の2ヶ月のみ教室に通いたいと、ハンガリー人の学生さんが、受講されています。
彼女は日本の文化に興味を持ち留学しているとの事
水墨画も少し習っていたそうで、筆の扱いも慣れています。
 

他の生徒さんの写生の様子
スケッチブックに鉛筆での「土佐ミズキ」の枝の写生です。

この方は、スケッチを元に小下絵(出来上がりのイメージ図、エスキース)を考えているところ

これは、バックを、何色にするかを考え、何通りか試しているところです。



この生徒さんは、胡粉(ごふん/風化させた牡蠣の殻から精製された白色の日本画下地用絵具)
を膠と混ぜて団子状にし、百叩きをし、空気を抜き、膠分と胡粉を馴染ませているところです。
今年は小作品のシリーズで、3枚ずつ描く事に、チャレンジされている方もいるようです。
comments(0)

アトリエ穂音 blog