アトリエ穂音10周年日本画教室生徒ダイジェスト版作品展( 穂音・SONES・若久 教室生徒作品展)


アトリエ穂音10周年企画の教室作品展として
穂音・若久 日本画教室生徒になって6年以上の皆さんに、過去作品を持ってきていただいて、
ダイジェスト版生徒作品展と、
薬院にあります「cafe SONES」での日本画教室生徒の日本画材で彩色したアクセサリー作品展とを
アトリエ穂音にて開催しました。
無事に終わりホッとしています。

教室作品展では、毎回1つのテーマで、皆さんに1年半掛けて作品を制作してもらい展示していましたが、
今回は、色紙掛け軸、陶紙、金屏風、桐箱と、水干絵具で彩色した手作りアクセサリー(ブローチ、指輪、ネックレス)
楽しい展示となりました。
展示の仕方やアイディアが素敵、真似してみたい、雑貨として売って欲しいとおっしゃる方も結構沢山おられました。
ご観覧者の反応や感想を直接聞かれると、生徒の皆さんもより興味深いし当番するのも楽しいと思います。
そのためにも、沢山の方に観に来ていただくことが、まず何よりも第1に大切なことです。
なるだけ私が聞いた感想や反応は、本人に伝えるようにしています。
 
寸松庵色紙掛け軸「つくし」     桐箱「葡萄」   (穂音日本画教室生徒)
形作りしてから水干絵具で彩色し造形した指輪、ブローチ(薬院/cafe SONES教室生徒)
寸松庵色紙掛け軸「白椿」     金屏風「ふきのとう」 (穂音教室生徒)

寸松庵色紙掛け軸「ブルーベリー」、金屏風「林檎/ひとりごと」、桐箱「萩」
(SONES教室・穂音教室・若久教室生徒)

パーツを作り水干絵具で彩色し造形したネックレスとピアス (薬院/cafe SONES教室生徒)

水干絵具で彩色し造形したネックレスとイヤリング、ブローチ(薬院/cafe SONES教室生徒)

桐箱大「彼岸花」、金屏風「桃の花」  (穂音教室・若久教室生徒) 

寸松庵色紙掛け軸「初夏」、金屏風「桃の花」  桐箱小「苺」  (SONES教室・若久・穂音教室生徒)

桐箱小「苺」 (穂音教室)

陶紙「酒の肴/ブルーチーズ」  桐箱小「洋梨」  (穂音教室生徒)

寸松庵色紙掛け軸「杏」、金屏風「紫式部」、桐箱「いぬたで」(若久教室生徒)

寸松庵掛け軸「夜桜」   金屏風「紫式部」 (穂音・若久教室生徒)

夜はろうそくの明かりで観ていただきました。
実際のところ、実物で観ないと写真では伝わりません。


 


両会場合わせて200名以上の御来場でした。
6/4日は、冷泉荘ピクニック(冷泉荘全室オープンとマーケット)もあり
一日雨でしたが、沢山の方が来られ
その日は、冷泉荘管理人さんよりお声かけあり、福間の焼き菓子工房「hilosweets」も
焼き菓子販売とカフェを穂音にてopenされていました。
交代で当番された方もお疲れ様でした。

comments(0)

アトリエ穂音10周年記念  山本文房堂アートスクール+ 穂音・SONES・若久 教室合同生徒作品展

穂音10周年企画「金箔銀箔色紙障壁画植物図」  
日本画講師と、穂音+SONES+若久 日本画教室の生徒が各々色紙を制作し、
それをつなぎ合わせ、1つの作品として展示しました。


額装の作品は全て、山本文房堂アートスクール
「基礎からの日本画」講座教室の生徒作品です。




一番奥の作品は、講師の比佐作品「みなも/水面」
※以上の写真は搬入展示直後の撮影


5/30(月)昼休み時間に搬入展示を、やりました。
山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画」教室の生徒さん数名と、若久教室生徒さん
お疲れ様でした!


今年は、アトリエ穂音10周年記念企画展でもあり、大々的に展示を2ヶ所で行いましたが、
素晴らしい展覧会を、生徒の皆さんの制作への頑張りにより、無事に開催でき、約150名のご観覧者が御来場されて
アトリエ穂音と両会場合わせて200名以上の方に観ていただくことが出来ました。
お陰様でとても評判が良かったようです。
facebook上にあげていた写真を見て会場に来られた方も沢山居られました。
沢山のご観覧の皆様、生徒作品展をご観覧いただいて誠にありがとうございました。


そして、生徒の皆様も、搬入のお手伝い、当番などお疲れ様でした。
皆さんひとり1人のために開催している教室作品展
実は、こんな贅沢なことは、中々普通には出来ないことで、毎回貴重な体験です。
沢山の方に観ていただくこと自体、皆さんの励みになっていると思います。
観に来てくださったお知り合いの方々へ、どうぞお礼をお伝え下さると幸いです。
 

comments(0)

教室展覧会の様子


あまり会場風景の様子は撮っていませんでしたけれど、記録として、ここにあげておきます。
私にとっては、思い出に残るであろう風景の一枚一枚です。

ここに写っておられない方々を含めて、沢山の方々に感謝したいと思います。














如月/2015
comments(0)

山本文房堂アートスクール・アトリエ穂音+ソネス+若久 日本画教室 生徒作品展終了しました<2>

前回の続きです。
山本文房堂地下ギャラリーの会場での生徒作品を、もう少し詳しく紹介いたします。
 
まず、山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画講座」生徒さん達の作品です。
白麻紙ボードに、墨、膠、水干絵具、岩絵具、胡粉で、描いています。
教室中にスケッチした植物や、又は本人の描きたいものを題材として、
 
★写生の仕方(筆・鉛筆)
★運筆、筆の使い方(線の引き方、色の塗り方、ぼかし方)
★色の使い方(絵の具の混色による色の作り方、色の重ね)
★日本画材の使い方(膠・胡粉・水干絵具・岩絵具)

などを学んで貰っています。
日本画は奥が深く、「基礎」とは、写生のやり方と、画材の使い方であり、それを知る為の教室と思って貰えばよいかと思います。

 
6年位の生徒さんです。
左が1年目「りんどう」、右が4年目「水仙」

 
5年目の生徒さん、以前合同作品展で京都今宵堂製作の陶紙に描いて貰ったものを額装した作品(酒の肴展)

 
6年目の生徒さん「芍薬」

3年目の生徒さん「春の宴」


5年目の生徒さん「薔薇」2枚

5年目の生徒さん「山茶花」

 
4年目の生徒さん左が今年の作品「カラー」  右が3年目の作品「鞠菊」

 
5年目の生徒さん3年目の作品「トサミズキ」


 
次は、同じ会場に展示していた
アトリエ穂音・cafeSONES・若久教室 生徒さんの、掛け軸仕立て「寸松庵色紙」の紹介です。
こちらの教室では、主に
 
★写生の仕方(筆での写生)
★運筆、筆の使い方(線と面の表現)
★色の作り方(混色)
★日本画材の使い方 A教室では(膠+胡粉+水干)
          B教室では(膠+胡粉+水干+岩絵具)
          C教室では(自由作品制作教室)
を、やっていただいています。


今年はアトリエ穂音+cafeソネス+若久教室の生徒には、水干絵具(すいひえのぐ)+岩絵具(いわえのぐ)まで、
全員、初めて使っていただきました。
写生には彩色に顔彩(がんさい)を使いますが、これは日本画の絵具ではありません。あくまで簡易絵具でスケッチ用です。
水干絵具と岩絵具を使ってこそ、初めて日本画材を使用していると言えます。
奥の深い画材なので、入り口だけでは日本画を知って貰ったとは言えず、勿体ないと、私は思いますので
今回、こちらの生徒さんにも体験して貰った次第です。


金箔の色紙に、墨、胡粉、水干絵具と岩絵具で、描いて貰いました。
掛け軸は、穂音オリジナルで、掛け軸屋さんに製作していただきました。

 
「緋寒桜」穂音生徒         「寒椿」若久教室生徒 

 
「秋桜」穂音生徒          「いぬたで」穂音生徒

 「紫陽花」穂音生徒         「山茶花」穂音生徒

「木槿」若久教室生徒       「エメラルドリング」cafeソネス教室生徒



「開く」穂音生徒            「竜胆」穂音生徒

 
「ブルーベリー」cafeソネス教室生徒     「初夏」cafeソネス教室生徒


どの作品もご観覧の皆様に大変好評で、搬入も皆さんで出来て 良い展示となりました。
毎年観に来てくださる皆様方、又、次回もどうぞ宜しくお願いいたします。
ご観覧を、ありがとうございました。

講師/比佐水音
 
comments(0)

山本文房堂教室・アトリエ穂音+cafeSONES+若久・日本画教室作品展が終了しました <1>

山本文房堂地下ギャラリーでの展示 1/13(火)〜18(日)













山本文房堂地下ギャラリーと冷泉荘ビル内「アトリエ穂音」2ヶ所での教室作品展、
18日をもちまして無事に終える事が出来ました。

2ヶ所での6日間と3日間でしたが、約150名の沢山の御来場でした。
御来場の皆様、ご高覧を誠にありがとうございました。
おかげさまで、日本画教室の生徒達にとって、きっと励みになったであろうと思います。
ここに御礼申し上げます。


冷泉荘ビル内・アトリエ穂音での展示1/16(金)〜18(日)




 
18時以降は、ろうそくの灯りで、ご観覧頂きました。
幽玄の世界となり、とても好評でした。





「オアシスの幻想」穂音生徒

「はるのえだ」穂音生徒

「黄金桃」穂音生徒
「陽の恵み」若久教室生徒     「白百合」穂音生徒

「初花」穂音生徒        

 

「桔梗」講師作品


「桜」穂音生徒

「白椿」穂音生徒

「大寒」穂音生徒      「くりのき」穂音生徒

 
「はるのえだ」穂音生徒        「檸檬」穂音生徒


生徒の皆さんも、制作と、搬入展示、当番、大変お疲れ様でした。
ご観覧の皆様に喜んでいただけたことが、嬉しい事でした。
絵を描くという時間は、自分と対話をするということだと思います。
そしてコミュニケーションの手段だとも思います。

どうぞ、生徒の皆さんにとって、その力となりますように。



 
comments(0)

山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画」講座 生徒作品

今日から、いよいよ師走
12月となりました。本当に早いですね。

ここ最近は。日本画教室作品展の生徒作品をアップしていっています。
今日は、山本文房堂アートスクールで私が教えています、「基礎からの日本画」講座の
生徒さん作品です。
毎年1年に一枚ずつ出来ていきます。



                                            小西さん
 

                                          近藤さん  


                                          尾崎さん


                                               阿部さん


                                         大野さん


                                         廣津留さん


                                     大野さん 昨年の作品

 
                                          畑山さん


                                   阿部さん、昨年の作品


                                 廣津留さん 昨年の作品                                       


                                畑山さん昨年作品

皆さん、がんばりましたねー。
本当にお疲れ様でした。


2012・11/20〜25  山本文房堂ビル3Fギャラリーにて







基礎からの日本画講座 講師/比佐水音  2010年作
comments(0)

アトリエ穂音教室 生徒作品展 「桐箱に描く日本画」

 まずは、アトリエ穂音で行われた、穂音教室「桐箱に描く日本画」展






生徒さんの作品をアップしていきます。

                                          ハマナさん 

        



                                           イツコさん


                                             杏さん

           



                                            えりさん
  


                                           ぴろさん


                                        
 



                                          ユキエさん

  

         



                                            ミカさん



                                         くみたろうさん


            
                                                       アレイさん



                                           玉子さん

           
                                                   エビスさん


                                         アスカさん



                                           ナオミさん



  


                                           ササさん


                                        岡かなさん
 


          



                                         アキハさん


                                           ヒラリさん


                                          みもざさん


                    




                                          アカチさん

         







教室生徒作品展の作品でした。
                                                     おしまい 
comments(0)

「桐箱に描く日本画」/穂音教室作品展



11/25日で終わりました、アトリエ穂音での生徒作品展の様子 少しづつアップしていきます。


     


アンプを運んできてくれました、バオバブ。


薬院「憩根」(イコネ)のハトさんの娘、はーちゃんと竹虎くん
アレイちゃんの持ってきた薬院の「望雲」さんの万華鏡をのぞいています






静岡からの旅行だそうでした、韓国から留学生


生徒さんのご家族方達も。


フランスから、日本へ旅行中のお客様も





観てくださった沢山の皆さん、ありがとうございました。












                   
         
                        
                                        
                                      
         


17日から25日までの展示でしたが、20日くらいから寒くなり、
今年初めてのストーブに火を入れました。                                            

さて、桐箱の中には、どんな世界が見えたでしょうか?                                         
                                                                
                                        
           
                                                   
  




 

          



                                        
                    
                                      


2日目                                        
冷泉荘ピクニック全館オープンの18日 
皆さん、当番と受付、ありがとうございました。 先生除き、箱入り娘達でした。











当番の生徒さんに、教室もやりました、見学者もいて、デモンストレーションとなりました。








素敵なスケッチでしたね。

こうして8日間の展示は、終えました。
沢山のお客様に観ていただきました。



   「冬の足音」   比佐水音       (桐の回り縁額 /佐々恭子)


最終日は私が仕事で不在だったため、生徒の皆さんの写真が無くて残念。

 生徒の皆さん、最終日の当番、留守番を、ありがとうございました!
 北九州や、久留米、八女から観に来てくれた方、山本文房堂教室の皆さんも、
 ありがとうございました。


comments(0)

お疲れ様でした

 昨日、無事に、
アトリエ穂音日本画教室「桐箱に描く日本画」作品展と、
山本文房堂教室「基礎からの日本画」講座作品展
両方とも終了いたしました。

沢山のご観覧の皆様、お客様、生徒と共に御礼申し上げます。

両会場とも、場所は別々でしたが、展示会場に置いてあったDMもほとんど無くなり、とても好評でした。

生徒の皆さん、来てくださったお知り合いの方々や見知らぬ方々に感謝されて下さい。
そして私からも、生徒の皆さん達に感謝いたします。
それぞれに、素敵な作品を、ありがとう。






       
       アトリエ穂音日本画教室作品展/リノベーションミュージアム冷泉荘3F・アトリエ穂音




「基礎からの日本画教室」作品展/山本文房堂ビル3Fギャラリー


これから、少しずつ皆さんの作品をアップしていこうと思います。
comments(0)

アトリエ穂音 blog