FRAMAT

3/31(日曜)福岡市今泉1丁目の法泉寺ケアハウスビハーラ今泉、前の広場で行われた
「FRAMAT」の第一会場<FRARe Marche>にて
アトリエ穂音も出店し、生徒さん達の好意のお手伝いもあって、無事に盛況のうちおわりました。
ありがとうございました。


「アトリエ穂音」ブースを紹介します。


宗像市の陶芸作家「下岡由岐」
日本画と書の道具展」で作っていただいたオリジナルの水差し、筆入れ、陶硯

日本画作家「比佐水音」
軽量石膏粘土で作リ水干絵具で彩色したマトリョーシカや動物の鳥、キノコのオブジェ

穂音オリジナル石版印押し桐箱(筆柄・ろうそく柄)




版刷り蔵書票
ろうそくマーク・ブックスタンド(木素材/生松工芸)
穂音+柏屋スタンプ/ろうそくの物語カード
穂音オリジナル石版手押し・便箋封筒セット
プレゼントに添える、ひとことカード・封筒セット




穂音オリジナル・ポストカード
(船・贈り物・つばめ大・つばめ小・朝顔・花々・フラワー・檸檬・はしぼそカラス)それぞれ5色
handmadeメモパッド
handmadeポチ袋
ろうそくスタンプ/カスタマイズ・カード
ばら売りの穂音石版手押し封筒



さて
「FRAMAT」(フラムオート)の目玉は
<CFF Lopiss>
チャリティ用に、デンマークの人達が大切にしていたものを送ってきてくれた、思い出の詰まった古い道具や器や雑貨小物達
(私もゆっくり物色したかったですが、あきらめて、、)

マルシェ以外にも沢山の企画が素敵でした、子供達、一日中楽しめたのでは?
子供達向けに、西日本新聞社会部記者さんによる被災地の現状のお話会、
絵本の読み聞かせ会
東北のお酒のきき酒コーナー、シャボン玉で遊べるコーナーなど
イースターエッグに描くワークショップ
風船で、色々な動物や物を作ってくれるコーナー
楽しさ満載でした。



以下、出店リストの抜粋です、どこも素敵でしたよ!ゆっくり見たかったです。
記載できていないお店もあるかと思います(パンフレットより記載)

<FRARE Marche> 
★美肌クラブ(手作り石けんと手ぬぐい手袋洗顔)
★ピレニーズ(手作りの石けん)
★熊本から「チェルシー・インターナショナル」/アクセサリー、インテリアグッズ
★大楠・井谷ビル「Clair de Lune」/フランスアンティーク雑貨
★薬院のアンティック家具屋、「ell」(イール)/ヨーロッパの椅子と雑貨や食器、
★八女から、「たまのかんざし」/手彫りの木工アクセサリー
★博多・冷泉荘「アトリエ穂音」/ペーパーステーショナリー・桐に花びらを描くワークショップ・桐箱・他
★switch Quarter(ライブシルクスクリーン)
★警固の「ALBUS」(写真撮影)

food
★Dalahast cafe(ダーラヘストカフェ/スウェーデンの伝統的菓子、懐かしのメニュー) 
★「ビオ・マルシェ」の宅配(有機野菜)
★「SONES」(焼き菓子)
★「粉kona屋」(自家製天然酵母パン)
★「nikoドーナツ」(ドーナツ)

<FRARE Barber>チャリティーお値段
★薬院のヘアサロン3店舗「CLUTCH」「hug hum hug」「coto-ha」(ヘアカット)
★「リラチョ」(マッサージ)
★「blanc salon」(カラーネイル、ジェルネイル)

第2会場「Le BRETON」<FRA Eat>
★Le BRETON(ガッレト、クレープ)
★EST LUCE((イタリア料理とデザート)
★Bistro Babylon(Babyドック、葡萄ジュース)
★かし和(東北の日本酒を使った和食)




アトリエ穂音ブースの「桐木片に日本画材で描くワークショップ」
生松工芸さん「コンフォートスタイル」さんからご提供の桐木片を使った、
日本画材で桜の花びら・又はしずくを描くミニミニワークショップ
かわいいお客様の写真です。素敵なのが出来ましたね、筆上手でした!

 



今回出店舗の全体売り上げの10%から、震災孤児遺児文化スポーツ機構へ寄付されます。

楽しんで、自分の得意とする働きで寄付できることは、この上ないことです。
当日お手伝いしてくれた生徒へお礼の打ち上げ費用を出し、その残額から、売り上げの一部とワークショップの収入を、ワークショップで積み立てている義援金に入れようと思います。
以前の募金先は、日本赤十字社だったのですが、どこか適したところへと検討中です。
良いところあれば情報を下さい。

皆さん、購入に来てくれた沢山の方々、お客様、友人、生徒さん達
お手伝いしてくれた生徒さん達、ありがとうございました。







お手伝いのお二人、お疲れ様でした!打ち上げしましょうね、ご馳走します!

アイディアを出してくれた他の生徒さん達も、ありがとう、お菓子を買ってきますね。

来てくださった皆様がた、ありがとうございました。



comments(0)

アトリエ穂音 blog