三日月の夜のボードビル

 1/16日
冷泉荘B棟1Fギャラリーで
「三日月の夜のボードビル」
が行われました。

40名以上のお客様
三日月の夜、楽しいショーの幕が上がり、夜が深けていきました。






アンコール、客席からは立ち上がり瓶を掲げてステップを踊る人も出てきて、
その回りの皆さんも踊り出します。
楽しくて笑っていましたが、
最後は、でも、少し泣けました。

Jordonは、2月の初めに日本を出発するそうです。
これから、しばらくは世界へ旅に出て、母国のカナダにも寄り、又旅に出ます。
そして又、日本でBaron&Jordonに会うことが出来ますように

今、ここで聴いた音も一期一会
今、ここに居た人達も、一期一会
私達は、そう気付くことで、精一杯、相手を思うことが出来るのでしょうね。

ありがとう。
Baron&Jordon 
+zerokichi

とても良いセッションでしたね。

そして、coffonの果実酒、ありがとう、いづみちゃん
他にも「おでん」に合わせて、ビール、日本酒も持ってきてくれました。
私も今回は、久し振りの「おでん」を、心を込めて作りましたよ。


又皆さんと、会えますように。


追伸
Baron君とは、又2月ごろ
福岡のどこかで会えるかもしれませんよ。お楽しみにー。
むろん私も駆けつけるつもりです!
comments(0)

12/23(日)アトリエで聴くギターの音

 伊藤ゴローさんのライブは、とても素晴らしい音色の景色でした。

鳥の羽ばたく音、水の中の音、雪の景色、湖面、木々、針葉樹、階段、空
どこかへトリップしてきた感じを受ける
忘れていた記憶をたぐり寄せるような、
大切なことを思いだすような
、、言葉では言い尽くせないのですが、本当に良かったです。

雪がちらちらと舞うこの寒い夜に
ご来場下さった40名の沢山のお客様達、ありがとうございました。
満席御礼を申し上げます。










壁に掛かった私の作品を紹介していただいて、その心使いに
感謝しました。



ライブの前に、エドツワキさんとゴローさんの、トークショーが、あったのですが
楽しそうな笑い声が幾度となくあがり、皆さんとても楽しまれて







しかし、私は、この時、緊張し、気もそぞろ。









楽しい時間はいつもあっと言う間




ゴローさん、エドさん、 お疲れ様でした。
そして 素敵な夜を、ありがとうございました、、、。




翌日の24日は、唐津の「洋々閣」
そこでもゴローさんの演奏、とても心に残る良いものでした。
zerokichiさんのソロ演奏も磨きが一段とかかって、良い時間は、あっと言う間。

ゴローさんの演奏に、ゲストに出演していた原田知世さんの綺麗な唄声も聴けて、一年の締めくくりに、クリスマスプレゼントを貰ったような夜だったのでした。




comments(0)

10/12 「秋の夜長の音楽会」が終わりました



10/12(金)20時より
東京よりボードビリアンで楽しいショーをくりひろげる「バロン」君、www.aroundtheworldorchestra.com

大分より「baobab」www.baobab-8.com
 
を迎えて、福岡のウクレリスト、zerokichiさん www.yakuin-records.com
と、「秋の夜長の音楽会」の舞台が幕を開けました。

こんな楽しいショーになるとは、お客様達の帰られて行く時の笑顔を見て、
とても幸せな気持ちになりました。

口々に帰り際「ありがとう」と言う皆さんの言葉と共に、ありました。







                
           さて、はじまりますー、


文章と写真では現場を表現できないのがもどかしいですが、やはり、その場で聴くのが一番

      
            ウクレレの音色が流れ重なり
      
                  フィドルと、ギターと、バイオリンの音色と声の音色が重なり
      
              ウクレレと、うた、おもちゃ箱から出てくるようなカラフルな音色達、
      生ているように 踊る帽子と、タップダンスの靴音とに、重なって

           

  そのあとは、  沢山の拍手と笑顔と共にアンコールが、はじまりました。
              

               
気持ちよくて、楽しくて踊りたくなって、笑って、そしてやがて、ほろ、とする気持ちで一杯になり、
聴いていました。
楽しく悲しく嬉しくて懐かしい曲と思い出といっしょに、

そして、私は又、幸せな気持ちになりました。


        

         そして、いよいよ  秋の夜長の音楽会は、終わりました。
                         本当に良いライブでしたよね!

今回来られた方々はとても幸運だったのではないかと、私は思います。

                         
                

          *今回、穂音の会場での展示  singo okazaki  さんの作品です。

観たかったけど、この日来れなかった方は、警固のcoffonまで、是非観に行かれてください。
10/31日まで展示中です。
期間中は、作者ご本人も時々、coffonに顔を出していますよ。



comments(0)

「異端児の城」


      



6/25日、アトリエ穂音にてのライブで
青谷明日香(あおやあすか)http://aoyaasuka.com/
九州ツアー・ライブが、無事に最終日となりました。

宮崎(日向/nap cafe)→北九州(小倉/cream)→福岡(福津/LANDSHIPcafe)→長崎(ohana cafe)→福岡(博多/アトリエ穂音)

20日から25日までの九州ツアーお疲れ様でした!


楽しくて、そして、心がほろりな夜でした。
又、足場の悪い時期に来てくださった、お客様方
telで問い合わせして来て下さったお客様達

本当にありがとうございました。


      
                                       まずは、 とんちピクルス




とんちピクルス+zerokichi






 
     zerokichi
            
            




                                          
青谷明日香


                                           
 
ソウルフルで、パワフルで、ちょっとコミカル
なおかつ、あたたかい、そして、ほろりとさせるそんなライブでした。


   薬院のcache-cachehttp://cachehana.exblog.jp/さんより頂いたお花と、、、  
    明日香ちゃん
   又、九州の地に来てくださいね。       お疲れ様でした!

        

                     




        
                   ドリンク/coffon http://coffon.cc/     

                    梅シロップ、レモンシロップのソーダ割り
                             果実酒
                 小夏、柚子、シークワサー、ローリエ、ぶどう、他





     
comments(0)

梅雨の音景 

   6/7(木)
   「梅雨の音景」インストライブ
   良い時間でした。
   雨は降っていませんでしたが、色々な音の景色が広がりました。


        



 zerokichiさんの、宝石箱からこぼれ出てくるようなウクレレの音色

 青木隼人さんの、時間の中から紡ぎ出したようなギターの音色


    やはり、インストゥールメンタルは想像力を刺激してくれるのが良いです、根本的に好きです。
    まるで一人きりで旅をしていたかのような時間でした。


                                                     
 





             おそらく、個人個人がそれぞれ自分の中の時間に入っていくのですが、
             その場に一緒にいても、淋しくならない時間であったと思います。
 
穂音は、こういう音楽を、もっと聴いて貰える場所でありたいなと思いました。

そして私も又、無音であるけれど、音の景色を感じる絵を描いていければなと思います。






        

             ドリンクcoffon http://coffon.cc/
                エルダーフラワーシロップのソーダ割り、ジンジャーエール
                果実酒は、パッションフルーツ、いちご、キウウイ、花梨

comments(0)

5月22日「火曜ウクレレ劇場」 無事にお開き

 22日の火曜日には、アトリエを会場に、ライブイベント「火曜ウクレレ劇場



東京より,バロン君http://www.aroundtheworldorchestra.com/
が、浅草の演芸場さながらにお客さまを楽しませ、沸かせて、しんみりとさせ
笑いあり涙ありのライブとなりました。
そして、
福岡の宝物、とんちピクルス、ウクレリストのzerokichi、
この3人で
沢山のお客さんを楽しませてくれた、素晴らしい夜でした。



東京在住のイラスレーター、小池アミイゴさんが震災後に、東北を訪れ描いたスケッチ、
バロン君がそのスケッチを見てつくった曲も披露してくれ
その歌詞と唄声に、切なくて涙が出ました。

そして、以前ブログで見たアミイゴさんのスケッチも脳裏に浮かびました。


だんだんと、温度差の開きが出るこの街で
私も、一人の人として、画家として、今まで同様にちょっとずつ出来ることを続けてくことを、
思います。




来てくださった30名のお客様、本当にありがとうございました。
温かい心で、皆さんと 心がひとつとなった気持ちになりました。






とんちピクルスの1曲目、あまりライブでは聴かない曲で、心惹かれました。
「この世の崖」










ワインの栓が、ぽんっ!
ハプニングもありましたが、素敵な曲中に取り入れて味付けしてくれたzerokichiさんに敬意。。。
今回も演奏、とても良かったです。












1回目のアンコールは、3人での「夢の中で泣いた」(とんちピクルス)
福岡に引っ越してきて、初めて出会った曲のひとつ
今や心のバイブルとなりました。







そして、2回目のアンコールでバロン君が唄った 
「WRAP YOUR TROUBLES IN DREAM」
皆さんにとっての、忘れられない心に残る曲と、又なったらいいなと思います。






♪ 夢を見るのさ,
素敵な夢を    



*今宵のワンドリンクは、とどろき酒店http://www.todoroki-saketen.com/ から
  微発砲日本酒 「三井の寿CO2」
  赤ワイン  「ルイジュリアン 赤10,5%」  
  フランスの、有機白ワイン 「アトゥラ ブラン」  でした。
  味見しましたが、エグミが無くて、美味しかったです。



comments(0)

ウクレカレー、ありがとうございました。






リハーサル中。




 

結局30人近くのお客様でしたが、多めに作ってくれたforestさんの薬膳カレー味ちまき2種は、
美味しく私も頂きました。

美味しいカレーと、ウクレレと、ゲスト音楽の組み合わせはzerokichiさんの企画で44回目です。
今回のゲスト、永見さんも、思い切り楽しんで演奏しておられました。
二人共にとても演奏良かったです。楽しめましたよ。
美味しいカレーと、良い音楽があれば憂鬱も吹き飛びますね!




来てくださったお客様方、本当にありがとうございました。
又、いつか穂音のイベントへ来てくださったら、嬉しいです。
comments(0)

満月過ぎの唄会

      

               満月が過ぎて4日目の月、「寝待ち月」の夜
       アトリエ穂音にて、2/13日ライブイベント、「満月過ぎの唄会」が行われました。



東京在住秋田育ち 「青谷 明日香」(あおや あすか)さんの魅力的な力のある声と、
歯切れの良いピアノのリズムと音階
伊豆在住福岡宗像育ち 「まーと」のパーカッションが織りなす気持ちの良いリズム

      

           

      

           ちょっと笑えて、ちょっと涙して
           ちょっとほろ苦く、そして暖かくて、楽しくて、元気の出てくる
      ブランデーを少したらした珈琲の味のようなライブでした。




又、それとは対照的なライブ、
コロンコとzerokichiの唄とウクレレ演奏が紡ぎ出す、ろうそくのゆらぎのような間と、
甘く切ない声とウクレレの音色

      

    
      甘くて、酔いそうなチョコレートリキュールのような味のライブでした。


飲み物で表現して、申し訳ない。
二組のライブは、とても対照的に感じましたが、
どちらも素敵なライブでしたよ。

お疲れ様でした。

来てくださったお客様、ありがとうございました。





comments(0)

冬の音景  終わりました

 

真辺さんギター、今泉さん歌


昨夜、アトリエを提供し、ギタリスト真辺雄一郎さんの「冬の音景」ライブがありました。

真辺さんは今回で穂音でのライブは2回目でした。
アコースティックギターで、優しくて美しい音色を真摯に聴かせてくれる方です。

今回は、ゲストがどなたか当日まで全く知らなかったのですが、
真辺さんのお知り合いで、演劇をやっている女性歌手である今泉さんが歌われ
前回とは全く違う形でのライブとなりました。

それぞれお二人が、違う時期に東北へがれきを拾いに行かれていたという事もあり
思いは一つのよう、東北の復興の為に力になるように演奏していきたいと、
語られていました。
しばらくはお二人で活動されるのでしょうか?


ソロ・ギター演奏もオリジナルを何曲かされて、「小さな願い」と言う曲は、とても心に響きました。
販売されているCDにも入っています。



最初にソロ演奏のウクレリスト・zerokichi




パーカション・今村、ウクレレ・zerokichi、歌とウクレレ・コロンコ


comments(0)

ううじん 冬の旅が終わりました



急に冬らしく寒くなり
秋から冬への木枯らしと一緒に ううじん が、約1年半振りの九州ツアーライブで、東京からやってきました。 

初日の福岡では、ライブが冷泉荘ギャラリー/「coffon」の食事コーナーを「穂音」で
2日目、小倉では、「cream」
3日目、熊本では、「橙書店」
4日目、日向では、「nap cafe」

ううじんの、唄と音色の旅は、色々な人の心に種をまき、植えていきます。
久々の再会、嬉しかった。
素晴らしいライブでしたよ!

幸せな気持ちになる唄と音楽、これを読んでいる見知らぬ、あなたにも、聴かせたかったです。
ううじん、ありがとう。




冷泉荘B棟ギャラリーが会場、40人以上の沢山のお客様。





曲によって、途中ステージ場所を移動しての演奏




薬院にあるお花屋の「cache-cache」さんhttp://cachehana.exblog.jp/ 
により会場床は、枯れ葉でディスプレイ
されました。






                                         

警固にある「coffon」http://coffon.cc/ のお食事とドリンクの場には、穂音。           
ショウガのシロップのお湯割りは、美味しくとても安らぎました。
身体に美味しい、黒米おにぎり、卵焼き、ブロッコリーのガーリック、etc、、、。
写真が残ってないので残念。
comments(0)

アトリエ穂音 blog