募金ありがとうございました、ご報告です。

実家から歩いて5分程の 水前寺成趣園(通称 水前寺公園)の裏手東側にある、ジェーンズ邸の裏道 崩壊していました。

 

 

7月2〜4日に、熊本の実家へ震災以降2回目の帰省をしてきました。

実家は、市内中央区水前寺5丁目にあり、水前寺成趣園の丁度東面裏あたりで、
この辺は6軒に1軒位の割合で、屋根や家の外壁面が割れたり剥がれ落ちたりですが、
ほとんどの家の石塀は、倒れ崩れ落ちています。
水前寺成趣園の東側裏の小道
実家は、全然ましな方で、
部屋の内部壁のひび、隙間ゆがみと、ピアノが動き当たって穴が開いた内壁
トイレ貯水タンクの割れ、食器類や陶器の損失
建物外部壁面のクラックやひび割れ位の一部破損でした。
水前寺成趣園内にある 出水神社      上は今年1月、下は6月初め、灯籠や鳥居は倒れて落ちて全て撤去されています。
下はジェーンズ邸表側
熊本市内も、同じ場所であっても差がありますが、地域の差もあります。
大まかに説明すると、同じ中央区でも水前寺は、熊本城や中心繁華街から交通機関で15分位の東方面にあるのですが、その先に東バイパスがあり、そこを超え東区となって15分程で健軍へ、そこをさらに5分程東に行くと東区のはずれに沼山津があります。
そこまでは熊本市ですが、市外地である隣町との境目でもあり、その隣町とは震源地の益城町になります。
益城は、高速道路の熊本インターチェンジ口でもあります。
そこをさらに東方面へずっと車でいくと阿蘇方面の外輪山の方へと続いています。
今年1月にopenした「tearoom mitubachi」は、東区の沼山津の倉永養蜂園にあり、
古い納屋を半分住居と半分喫茶店とにリノベーションされていたのですが、結局全壊の被害でした。
全体に斜めに少し傾いているので、それを引き起こす工事をし、リノベーション工事をやり直し、お店は再建する方向になったそうです。
皆様からの善意の気持ちである寄付を、やっと6月に彼女へ渡してきました。
3月開催した、東京からライブで来られた熊谷太輔さん、zerokichiさん、オオタユキさん投げ銭ライブより全額寄付していただいた分と、5月穂音10周年記念ライブ会場に置いた募金箱+教室作品展に置いた募金箱と、穂音からの寄付と、別のライブに来られたお客様が寄付をして下さった分とで 全て合わせて5万円です。
彼女から、寄付をして下さった方々に、くれぐれもよろしく伝えて下さいとのことでした。
ありがとうございました。
お店は、屋根も瓦が落ちてしまっているので、ブルーシートを屋根に全面貼ってありますが
隙間から雨はどんどん入ってくるので、店の中には水たまりが出来ていました。
ほんの少し手伝いに今回行くことが出来ましたが、沼山津はあたりは3〜4軒に1軒は、ブルーシートを屋根に取り付けています。
被害が、震源地に近くなる程に酷くなっていくのがわかります。
彼女の住居兼店から車で10分位先になる震源地である益城町は、もう酷すぎて信じられない光景でした。
重量が感じられない程、家がジオラマの模型のように、あちこちに斜めに傾いて壊れて転がっている感じでした。
つぶれて完全に崩壊している家も道路沿いにも沢山ありました。新しい家も古い家も全く関係なくです。
かろうじて残っている家も、ほとんど全部の家が屋根全体にブルーシートが掛かっていました。
家財道具も何もかも一緒くたに壁面も落ちてなくなり、傾き崩壊しめちゃめちゃでした。
手の施しようが無く、悲惨としか言いようがなく、写真を撮る気にはなれません。
写真は、一枚も撮っていません。
引き続き、どんな形でも良いので、今後も被害のあった町や場所へ応援をしていかないと、と思います。
comments(0)

 アトリエ穂音10周年日本画教室生徒ダイジェスト版作品展( 穂音・SONES・若久 教室生徒作品展)


アトリエ穂音10周年企画の教室作品展として
穂音・若久 日本画教室生徒になって6年以上の皆さんに、過去作品を持ってきていただいて、
ダイジェスト版生徒作品展と、
薬院にあります「cafe SONES」での日本画教室生徒の日本画材で彩色したアクセサリー作品展とを
アトリエ穂音にて開催しました。
無事に終わりホッとしています。

教室作品展では、毎回1つのテーマで、皆さんに1年半掛けて作品を制作してもらい展示していましたが、
今回は、色紙掛け軸、陶紙、金屏風、桐箱と、水干絵具で彩色した手作りアクセサリー(ブローチ、指輪、ネックレス)
楽しい展示となりました。
展示の仕方やアイディアが素敵、真似してみたい、雑貨として売って欲しいとおっしゃる方も結構沢山おられました。
ご観覧者の反応や感想を直接聞かれると、生徒の皆さんもより興味深いし当番するのも楽しいと思います。
そのためにも、沢山の方に観に来ていただくことが、まず何よりも第1に大切なことです。
なるだけ私が聞いた感想や反応は、本人に伝えるようにしています。
 
寸松庵色紙掛け軸「つくし」     桐箱「葡萄」   (穂音日本画教室生徒)
形作りしてから水干絵具で彩色し造形した指輪、ブローチ(薬院/cafe SONES教室生徒)
寸松庵色紙掛け軸「白椿」     金屏風「ふきのとう」 (穂音教室生徒)

寸松庵色紙掛け軸「ブルーベリー」、金屏風「林檎/ひとりごと」、桐箱「萩」
(SONES教室・穂音教室・若久教室生徒)

パーツを作り水干絵具で彩色し造形したネックレスとピアス (薬院/cafe SONES教室生徒)

水干絵具で彩色し造形したネックレスとイヤリング、ブローチ(薬院/cafe SONES教室生徒)

桐箱大「彼岸花」、金屏風「桃の花」  (穂音教室・若久教室生徒) 

寸松庵色紙掛け軸「初夏」、金屏風「桃の花」  桐箱小「苺」  (SONES教室・若久・穂音教室生徒)

桐箱小「苺」 (穂音教室)

陶紙「酒の肴/ブルーチーズ」  桐箱小「洋梨」  (穂音教室生徒)

寸松庵色紙掛け軸「杏」、金屏風「紫式部」、桐箱「いぬたで」(若久教室生徒)

寸松庵掛け軸「夜桜」   金屏風「紫式部」 (穂音・若久教室生徒)

夜はろうそくの明かりで観ていただきました。
実際のところ、実物で観ないと写真では伝わりません。


 


両会場合わせて200名以上の御来場でした。
6/4日は、冷泉荘ピクニック(冷泉荘全室オープンとマーケット)もあり
一日雨でしたが、沢山の方が来られ
その日は、冷泉荘管理人さんよりお声かけあり、福間の焼き菓子工房「hilosweets」も
焼き菓子販売とカフェを穂音にてopenされていました。
交代で当番された方もお疲れ様でした。

comments(0)

アトリエ穂音10周年記念  山本文房堂アートスクール+ 穂音・SONES・若久 教室合同生徒作品展

穂音10周年企画「金箔銀箔色紙障壁画植物図」  
日本画講師と、穂音+SONES+若久 日本画教室の生徒が各々色紙を制作し、
それをつなぎ合わせ、1つの作品として展示しました。


額装の作品は全て、山本文房堂アートスクール
「基礎からの日本画」講座教室の生徒作品です。




一番奥の作品は、講師の比佐作品「みなも/水面」
※以上の写真は搬入展示直後の撮影


5/30(月)昼休み時間に搬入展示を、やりました。
山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画」教室の生徒さん数名と、若久教室生徒さん
お疲れ様でした!


今年は、アトリエ穂音10周年記念企画展でもあり、大々的に展示を2ヶ所で行いましたが、
素晴らしい展覧会を、生徒の皆さんの制作への頑張りにより、無事に開催でき、約150名のご観覧者が御来場されて
アトリエ穂音と両会場合わせて200名以上の方に観ていただくことが出来ました。
お陰様でとても評判が良かったようです。
facebook上にあげていた写真を見て会場に来られた方も沢山居られました。
沢山のご観覧の皆様、生徒作品展をご観覧いただいて誠にありがとうございました。


そして、生徒の皆様も、搬入のお手伝い、当番などお疲れ様でした。
皆さんひとり1人のために開催している教室作品展
実は、こんな贅沢なことは、中々普通には出来ないことで、毎回貴重な体験です。
沢山の方に観ていただくこと自体、皆さんの励みになっていると思います。
観に来てくださったお知り合いの方々へ、どうぞお礼をお伝え下さると幸いです。
 

comments(0)

アトリエ穂音10周年 記念イベント  LIVE と、 アトリエ穂音10周年日本画教室生徒ダイジェスト版作品展/山本文房堂アートスクール・SONES・若久 教室合同生徒作品展

*終了いたしました。ありがとうございました。


※冷泉荘A棟3F「アトリエ穂音」と、B棟1Fオープニングライブイベント会場の
両会場には、今回、地震で半壊状態になってしまった熊本の倉永養蜂園、今年1月にopenしたばかりの喫茶店「tearoom mitubachi」への応援金のために募金箱も設置しています。
 
※6/4 (土)冷泉荘全館open日「冷泉荘ピクニック」
が開催されます!
アトリエ穂音では、開催中の作品展と同時に
福津にあります焼き菓子店「hilo sweets」が出店販売とカフェをopen*  
イートインとテイクアウト出来ます。
是非ご利用下さいませ。
土曜は、比佐も在中しております。



0529horn_uras


皆様、10年分まとめて、関わってきてくださった皆様に感謝と、記念の意味も込めて、イベントと教室作品展を開催します。
どうぞ、生徒皆さん方も、晴れの舞台を愉しんでください。

冷泉荘A棟3F「アトリエ穂音」と、B棟1Fオープニングライブイベント会場の
両会場には、今回、地震で半壊状態になってしまった熊本の倉永養蜂園、今年1月にopenしたばかりの喫茶店「tearoom mitubachi」への応援金のために募金箱も設置します。





 
comments(0)

第22回 尖展 / 京都市美術館本館



お陰様で、好評のうち展覧会を無事に終えることが出来ました。
ありがとうございました。

毎年、4月か5月に開催されています尖展ですが、
京都市美術館本館は、3年以上しばらく改修工事に入りますので
来年は京都市美術館の別館での開催となり、時期は5月となります。

又来年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。





第22回 尖展

会期:2016年 5月17日(火)〜22日(日)9時から17時
会場:京都市美術館 本館 二階南側

〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124




第22回 尖展に出展いたします。
どうぞ、ご高覧の程を、よろしくお願いいたします。

 
comments(0)

4月 穂音日本画教室


4月の教室の様子。
第2、第4日曜日の13:00〜15:00までの山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画教室」あといつも、
アトリエ穂音で、16:00〜18:00 過ぎまで、日本画教室です。

生徒のスケッチや、作品をアップします。

希望で、自画像のスケッチをしている方
特に右側のお顔が似ていますー。

立彼岸桜をスケッチした方 
細かく繊細に描けましたね。

お祝いで頂いたスイートピーを自宅でスケッチされてきたものを
色紙へと描き、ただいま制作中の方
あと少しで完成です。

下記載の写真は、今日、完成された方の作品
山本文房堂地下ギャラリーで5/31〜6/5まで開催します「教室合同・生徒作品展」用です。
お疲れ様でした!

 




 
comments(0)

3月 アトリエ穂音の日本画教室 



アトリエ穂音では 月2回予約して来ていただく 土日昼間〜夕方と、
平日の夕方〜夜の日本画教室があります。

皆さん余暇を楽しむ為に、将来のためにも、習われているのですが、
熱心に真面目にやっておられます。
全ての教室では、
スケッチの仕方、絵具の混色による色の表現、胡粉、水干絵具、岩絵具の練り作り方、構図
等を、指導しています。
完成したものをアップします。それぞれに、とても素敵です!
完成おめでとう!
全て生徒さんの作品です。皆さん良い出来あがりです。





この生徒さんは、文楽で使う練習用の扇子を描きたいと思われて習いに来ています。
がんばってくださいね!
 
先月は、育休お休み中の生徒さんが家族で来てくれて、嬉しい時間でした。
元気な姿を見られて、楽しいひとときとなりました。
お土産もありがとうございました。
comments(0)

出張日本画教室 


望雲での4 月の「日本画月一会」は
楽しくお喋りもしつつ、しっかり手も動いていました。
この教室は、月に1回しかありませんので、今年は合同教室生徒作品展用の作品は見送ることにします。
のんびりやって行きましょう。
写真をデジカメ電池切れで撮れず、すみません。



山本文房堂アートスクールでの「基礎からの日本画教室」
こちらは月2回、第2・4日曜13:00〜
教室作品展へ向けて、こつこつ皆さん制作されています。




薬院の「SONES」での出張教室


 
こちらでは、生徒さん達の希望によるもので、
軽量石膏粘土で各自作ったアクセサリーに
日本画材で彩色しています。
それと色紙作品を同時に制作中です。



 
comments(0)

日本画教室  

アトリエ穂音の風景



1月の穂音教室より

穂音B教室・芍薬のスケッチを、金箔色紙へ写し、下地の胡粉塗り中の生徒さん


穂音C教室・本画自由制作 小下絵を作って麻紙ボードに
本番の彩色中の生徒さん


穂音A教室・金箔色紙へ、スケッチから草稿を作って、写し終えて
水干絵具で彩色中の生徒さん


穂音B教室・金屏風へ、芍薬の作品彩色中の生徒さん
 


穂音A教室・金箔色紙へコスモス、胡粉で下地塗り中の生徒さん


穂音A教室・薔薇と、愁明菊、金箔色紙へそれぞれに水干絵具で彩色中の生徒さん達






山本文房堂アートスクール「基礎からの日本画教室」
制作中の生徒さん達


天然岩珊瑚を使用しバックを彩色し、木香薔薇を制作中の生徒さん

クレマチス(テッセン)を水干絵具で彩色中の生徒さん



バックに、水干絵具を使った後に、岩絵具で何十回も彩色中の生徒さん
里芋がモチーフです。


画仙紙の色紙へ、今回はまだ1年目で、百合の花を顔彩で彩色中の生徒さん



バックの岩絵具が済んだところの生徒さん、これから茎や花の部分を水干絵具で彩色していきます。


鳥の子紙の色紙にトルコキキョウを描き、胡粉の下地を塗っている生徒さん


ここから下は、出張日本画教室 「SONES」教室の教室風景です。
ここのみ、デリカテッセン・カフェのテーブルを汚さないように
教室の時は、ビニールを敷いています。

金箔色紙へ、写すための草稿を、
それぞれスケッチをもとに作っているところです。


ギャラリー望雲での出張日本画教室「日本画月一会」
ここだけ、月に1回だけの教室です。
団扇へ、寸松庵金箔色紙へ描いている途中です。
 
〜お知らせ〜
*2月の「望雲・日本画月一会」は、
2/12(金)19:00〜です。
渡辺2丁目・待鳥ビルヂングの5F「望雲」にて。

*2月の若久教室は、
2/18(木)11:00〜16:00と、2/25(木)11:00〜16:00です。

 
comments(0)

日本画教室の忘年会


山本文房具堂の昨年末日曜の教室
この日は、終わった後に穂音で日本画教室をやり、そのあと
合同忘年会でした。


この日は山文教室は、仕事の都合でお休みの方もおられましたが、
忘年会は13名の参加で、楽しい時間でした。

場所は筑紫女学院裏の「trene」






色々な職業の方が居られて、皆さん人生を充実させて趣味と余暇も楽しみ、
素敵な方ばかりだと思いました。
いつも思いますが、私もこうありたいと思う方達ばかりです。

参加できなかった、生徒さん達も沢山居られたので、
今回は残念でしたが、小分けでプチ新年会でもやりましょうね。

 



treneの皆様、美味しいお料理、ありがとうございました!
comments(0)

アトリエ穂音 blog