10/19(土)〜21(月) <ゆれる形/流れる色> jobin. & Miwo Hisa EXHIBITION in アトリエ穂音

3日間だけの 展示 販売会
造形作家の札幌から来られたjobin. さんと 比佐水音の日本画とのコラボ展示販売会へ
比佐の友人知人、又その知り合いの方達と、紹介されて初めて穂音へこられたというお客様達に沢山来て頂きました。
ウクレレ奏者でライブをいつも穂音でいつも企画しているzerokichiさんが
北海道のミュージシャンから話を頼まれて、jobin.さんの作品を穂音で展示するにあたり
比佐水音の作品とでコラボ展をとのこと、
お話しいただいて実現となりました。
初めましてで、どの作品を出すのかもお互い知らなかったのですが
素晴らしいリンクが起きて、既存の作品にあわせ、まるでオーダーで作ってもらったかのような展示会となりました。
気持ちが良くていつまでもぼ〜っとできる、そんな空間に出来上がり
訪れた皆様方にも大好評でした。
希望あれば注文で、ドリップ式で淹れたて珈琲をお出しし飲んで頂けるようにしたり
出来るだけ少しでもゆっくり長く時間を過ごして楽しんで貰えるように、
たった3日間だけでしたが、かなりのお客様に恵まれ、jobin.さんの作品を気に入った沢山の皆様が購入して行かれ
今回の役割を無事に終えほっとしました。
ありがたいことに
比佐の日本画作品も2枚ほど購入され、感謝しております。
では、jobin.さんと比佐作品のコラボを  写真でお楽しみ下さい。
揺れる影が出来るからこそ素敵ですので、是非実物を見ていただけたら一番かなと思います。
日本画教室の生徒さんも来ていただいた方、ありがとうございました。
みながゆらゆら揺れて、光を当てると、モビールには壁へ二重に影を落とし
日本画作品は、光を当てるときらきらと輝き、まるで宇宙か、海の中のようでした。
この魚モビールも凄く良かったです。
魅力的な展示だったと思います。
このタンポポは一つだけ穂音に置いています。他はお嫁に。
あと、奥の作品の前に飾られている桔梗のような花草のモビールも穂音へ置いています。
この作品達も偶然のリンクで、月の大きさが並べると一緒
jobin. さんの、月とらくだモビールは、人魚のモビールと共に、藤崎の方へお嫁に。  
このHisa日本画作品も前々から予約を頂いて、福津の、うらんたん文庫さんへ お嫁に。
この棚には小さき物を展示
jobin.さんの
「博士のひみつ」という題名のオブジェは、光の方向で色が変わるセロファンを使ってあり
移る影が色が移り変わり綺麗。
棚の額入りHisa作品はスコットランドへ旅立ちました。
いつか行ってみたいです。
札幌へ遠征もいつか行きたいものです。
皆さん、ありがとうございました!
お客様から友人知人達と一緒に撮っていただいたので写真載せておきます。
my feiends
最終日のクロージングライブでは
zerokichiさん、(奥左)
北海道 札幌から来られたミュージシャンのchimaちゃん(中央)と、
磯部和宏(スモゥルフイッシュ)さんの3人が出演されました。
そして手前左側が造形作家のjobin.さんです。
ライブの様子はこちらへhttp://event.atelier-horn.com/?eid=188
皆様本当にお疲れ様でした!
comments(0)

京都での個展無事に終えました。ありがとうございました。

※ 2019年9/21(火)〜26(日) 比佐水音個展「イロイロノナガメ」 / 京都 ギャラリー恵風  

無事に2019年の個展を終えることが出来ました。
京都ギャラリー恵風さんにお話しいただいて、2年おきに開催しています個展も7回目となりまして、
12年目となりました。
次回は又 2021年の9/21(火)〜26(日)までの個展依頼をいただく事が出来、
感謝の気持ちでいっぱいです。
是非、生徒さんも旅行がてら観に来られて下さい、オープニングパーティーなどもありますので
又、どうぞよろしくお願いいたします。
福岡、熊本、大阪、兵庫、静岡と各地からもご来場を、皆様ありがとうございました。
又、今回も福岡から観に来てくれた生徒さん方も、
ありがとうございました。
作品を送り出したあとの画室の一部です。
comments(0)

京都にて個展のお知らせ

京都 ギャラリー恵風さんにて、比佐水音個展のお知らせです。
恵風さんでの、隔年での6回目の個展となります。
どうぞお出かけ下さると幸いです。
又、9/28(土)19:00〜ささやかではありますがクロージングパーティーがございますので、お忙しい中と思いますが、お待ちしております。
comments(0)

アトリエ穂音日本画教室のある日

遊びに来てくれて嬉しかったです。すっかりお父さんお母さんが板について素敵な夫婦でした。

先日の日曜日の穂音日本画教室

穂音生徒さんの娘さんでもあり、
お友達でもある穂音で以前テイクアウトと喫茶を毎月期間限定でやられていた焼き菓子のhilosweetsさんが、
教室の終わり頃におばあちゃん(生徒さん)のお迎えと兼ねて
お里帰り中でお孫さんをつれて旦那様と遊びに来てくださいました。
だいぶ大きくなっていて1才9ヶ月になったそうで、人見知りもなく、とても可愛くて優しそうな男の子でした。
おばあちゃんの道具で顔彩と筆で、日本画を描いて帰りました。
様になっていて、ちっちゃい画伯ぶりが、とっても可愛かったです。
親子3世代と今もこうやって縁あることに、嬉しくて感無量でした。
中二枚は、その場にいた他の生徒さんから写真頂きました。素敵な写真をありがとうございましたー。
omake
「初めての日本画」お祖母ちゃんのお皿の絵の具を使って孫のh君が、筆で上手に描きました 。
comments(0)

アトリエ穂音日本画教室(生徒の、作品とスケッチ6月〜8月)

[望雲・月一日本画会]19:00〜
毎月1回のみの自由参加型教室 望雲さんの企画によるう日本画夜教室です。
継続参加生徒さんの紫陽花をスケッチして顔彩絵具で扇子へ
継続参加生徒さん 墨筆と顔彩絵具でのスケッチ 紫陽花
初参加の方 初めての 顔彩絵具で 紫陽花のスケッチ
継続参加の方  墨筆と顔彩絵具でのスケッチ 美容柳 
継続参加の方   水干絵具での 色紙作品 白山吹と、美容柳
<山本文房堂アートスクール 「基礎からの日本画」講座/講師 比佐水音> (生徒6名)
水干絵具と岩絵具で制作途中の作品
水干絵具で彩色途中の色紙作品
スケッチから下図用に写す作業
<6月 日曜16:00〜 ある日の穂音日本画教室 >
A教室生徒  墨筆と顔彩絵具で芍薬のスケッチ 
A教室生徒さん 団扇に運筆練習用筆遊び図を 墨筆と顔彩絵具で彩色
B教室生徒   鉛筆と顔彩絵具でスケッチ 
A教室生徒 墨筆と顔彩で彩色 額装作品
A教室生徒 ミニ屏風 運筆練習用筆遊び図 を 墨筆と顔彩で制作
<6月 土曜 13:00〜  ある日の穂音日本画教室> 
B教室生徒 水干絵具で色紙に制作途中  沈丁花
B教室生徒  運筆練習図をミニ色紙へ墨筆と顔彩で
C教室生徒  水干絵具と岩絵具で 紫陽花制作中
D教室生徒   水干絵具と岩絵具で制作途中
(個人レッスンとグループレッスン併用)
<6月 金曜14:00〜 ある日の穂音日本画教室 >
A教室生徒   スケッチした紫陽花を 顔彩絵具で扇子へ
<7月 金曜14:00〜 ある日の穂音教室>
A教室生徒  墨筆と顔彩絵具 でスケッチ
A教室生徒  墨筆と顔彩絵具 でスケッチ
<8月 土曜13:00〜 ある日の穂音日本画教室>
C教室生徒   運筆練習図の藤を 水干絵具と胡粉で短冊へ
A教室生徒   墨筆と顔彩絵具と胡粉で、運筆練習図の蓮をミニ屏風へ

A教室生徒 墨筆と顔彩絵具で ひまわりのスケッチ
<7月 木曜11:00〜 若久日本画教室>(月2回)/短冊制作と 本画制作途中
皆さん、続けた分だけ上達していってますよね。
素敵な作品ですよ。
comments(0)

アトリエ穂音日本画教室(生徒の作品とスケッチ 4月〜5月)

久しぶりに

日本画教室の様子と生徒さんの作品やスケッチをダイジェストでアップします。

人数が多いときは、指導で忙しくしていると写真取り忘れも多々あり、
記録に残せず、残念なこともよくあります。
4月 水曜 14:00〜 ある日のソネス教室
ソネス教室の A教室生徒  運筆練習図を利用して一筆箋作り
4月 土曜13:00〜 ある日の穂音教室
A教室生徒 顔彩絵具でのミニ屏風鯉のぼり
海外に移住しているもと生徒が。帰国中遊びにレッスン受けに来てくれました。
  顔彩絵具でのミニ色紙へ運筆練習図の鯉のぼり
4月 土曜 ある日の穂音教室
 4月 水曜 ある日の穂音教室
A教室生徒 生徒作品展用の色紙作品 白サザンカ
A教室の生徒 顔彩絵具での運筆練習用筆遊び図で 色紙作品
4月 水曜 ある日の穂音教室風景  手前は散った芍薬の花びらを手が空いた時に 筆でクロッキー途中
B教室生徒 個人レッスン 水干絵具での色紙作品(制作途中)
B教室生徒(この時はA教室) 水干絵具での色紙完成作品
5月 日曜 ある日のアトリエ穂音教室
B教室生徒 墨筆・顔彩でのスケッチ
B教室生徒 墨筆・顔彩でのスケッチ
B教室生徒  鉛筆と顔彩でのスケッチ
B教室生徒 水干絵具+岩絵具での 日本画風景完成作品
A教室生徒  顔彩絵具での 母の日・色紙作品
皆さん素敵な作品できました。
comments(0)

京都、おそうざいと食事屋さん「季節の台所 そら豆」

 

京都のお総菜と食事の店「季節の台所 そら豆」さんhttps://retty.me/area/PRE26/ARE660/SUB11001/100001096391/

京都のお総菜と食事の店「季節の台所 そら豆」さん に、

2019年のお正月から、比佐の作品が飾られています。
もしも旅行などで、京都へお出かけの際は、お寄り下さいませー。
昼間は1000円程のランチ、夜は予約の2000円お任せコースで、気軽にお食事できます。
別途で、ワインや日本酒も楽しめ、酒の肴にも合うおかず達でした。
カジュアルな雰囲気で、作品が空間に合いとても良い雰囲気でした。
リーズナブルに美味しく楽しみたいときおすすめですので、是非。
テイクアウトし宿で食べることも出来ます。
でも、せっかくならお店で。
お料理は旦那さんと奥様のお二人で作られています。
下の写真の左側が奥様。展示されているときの様子です

「季節の台所 そら豆」は、  京都市今出川通り智恵光院下がる西側
昔ながらの町屋の並ぶ界隈です。
comments(0)

京都市美術館「第25回尖展」 展覧会が終了しました

京都市美術館別館「第25回尖展」無事に展示が終わりました。
900名以上の沢山のご来場で、ご観覧の程ありがとうございました。
又、日本画教室の皆様には5月日程のご協力、ありがとうございました。
会場の様子
土日14時〜、各作家が作品の前でアーティストトークをします。その時の写真です。
比佐水音(hisa miwo)作品
題名/「いきてはいたる」 
画材料/木製パネルに綿布、日本画材(膠、墨、胡粉、水干絵具、岩絵具、棒絵具)
サイズ / 1枚(縦182cm×横92cm)×5枚
comments(0)

第10回 KOBAI ART AWARD 香梅アートアワード授賞巡回展  終了しました 

3月〜5月まで各地で開催された熊本県内の「香梅ドゥアート」店舗の独立したギャラリー(熊本市帯山店、人吉市店、菊池市店、菊陽町光の森店)合計4カ所での、香梅アートアワード授賞巡回展が無事に終わりました。最後の、光の森店ギャラリー会場

最終日にギャラリー会場の上段の階にて「お菓子の香梅」さんが開催してくださったクロージングセレモニーパーティーの様子
クロージングセレモニーのあと記念撮影/熊本日日新聞社の記者の方が撮影
(香梅アートアワード奨励賞受賞された舞台俳優で演出家の松岡優子さんによるポージングで)
沢山のお祝いの言葉を、ありがとうございました。
特にありがたかったのは、推薦して頂いた選考委員のつなぎ美術館主幹の楠本智郎氏、東京女子美術大学教授の日沼禎子氏と、
「お菓子の香梅」副島隆会長、からのそれぞれのお祝いの言葉であったり、
展示やパーティーセレモニーを仕切られた株式会社「桃」さんのお気遣いやお世話であったり、
各地セレモニーへご来場された各市長や副知事、熊本県知事の奥様からのあたたかい言葉であったり、地元の企業や名士や、歴代の受賞者の方々や、各地の文化人芸術家や音楽家、デザイナー、建築関係、日本舞踊家、演劇関係の方、たくさんの方々全てに感謝いたしました。
又、芳名帳に書いてあった観に来てくださった方々。
熊本市の橙書店さん、福岡福津市のうらんたん文庫さん他、福岡から沢山足を運んでいただいたり、
熊本県立第二高等学校の同級生と後輩の方達が観に来てくださったり、
人吉市では、嵯峨美術大の同級生が従姉妹に観に行かせて頂いたり
日本画教室の生徒さんの中には、遠くは宮崎市と佐賀市から、足を運んでいただいたことに感謝します。
やっとほっとして、落ち着いたところですが
又、毎年の京都市美術館での「日本画尖展」の展覧会がもうすぐ始まります。
一枚の大きさがベニヤ板大の5枚連作を (今まだ制作中ですが)京都へ作品搬入のため土曜夜に出発いたします。
期間中滞在していますので、タイミング合う方は、どうぞお出かけ下さい。
2019年「第25回日本画尖展」
場所|京都市美術館別館 <岡崎の平安神宮近く「京都ローム」(コンサートホール)の斜め前>
期日|5/28(火)〜6/24(日)
開館時間|9:00〜17:00
         
           <日本画教室の生徒さんへお願い>
新しく入られた方も沢山いらっしゃるので、改めてお話しておこうと思います。
生徒の皆さんは、それぞれ働かれて責任あるお仕事をもたれていると思います。
それと同様に、比佐にとっての責任ある仕事が作家活動となります。
作家活動とは、作品制作と美術館での日本画展覧会やグループ展やギャラリーでの個展となり、
もちろん個展においては自主発表会ではなく、ギャラリーのオーナーによっての依頼と企画で個展と決まり
ギャラリーオーナーによって作品販売がされます。
こちらに依頼してくれたギャラリーに対しての責任があり、作品の制作が一番の仕事となります。
又、展覧会や個展では搬入、日本画尖展においては会期中の受付と、個展では在廊も含め搬出まで、長期滞在が必要となります。
そういった事情で、教室日程においては、作品展前と滞在中に、ご協力をお願いしております。
その期間中に、もし日程が合わずに来れなかった方は、翌月にプールして消化してもらうことも出来ます。
又、こちらが出来るときには、生徒さんの希望優先での教室日程をくんでいますのと
展示が終わったあと6月には教室日程を沢山入れております。
ということで、ご迷惑おかけしますが、どうぞ何卒ご理解と、ご協力よろしくお願いいたします。
comments(0)

第10回香梅アートアワード巡回展 最終地

1カ所目の開催地
熊本市帯山 香梅ドゥ・アート帯山店/ ギャラリースペース

 

香梅アートアワード授賞巡回展、いよいよ最終地の光の森店が始まりました。
約3ヶ月近くに渡って開催された熊本県内での巡回展も、5/11日で終了します。


観に行ってくださる予定の方は、

詳しい方から教えていただいたのですがJRで熊本駅から「光の森」駅があるそうで
そこからは徒歩10分位だそうです。

展示作品は、九州未発表の作品がほとんどでしたので、

日本画作家としてアートアワード賞を授賞してくださり、

なおかつ巡回展覧会を開いてくださったお菓子の香梅さんには深く感謝いたします。今後、これを励みとして精進出来ます。

イタリアデザインの椅子で統一されたおしゃれな空間での展示は難しくもありましたが 

展示監修には、つなぎ美術館の楠本智郎氏と女子美術大学教授の日沼禎子氏。

香梅の副島隆会長、企画会社MOMO、皆様のお力添え感謝いたします。

各店舗ギャラリースペース それぞれ場所によっては作品も変えながらの展示となっているようです。

今までの会場で、宮崎、大分、福岡から、観に行ってくださった方々に、ありがとうございます。

※熊本県菊池郡菊陽町の「香梅アートスペース」光の森店 /開催中  4/27(土)〜5/11(土)まで/ open/9:00〜19:00 (最終日は17:00まで) 壁面は朱色
★ギャラリースペースから階段をあがった場所には、喫茶店も併設されて
    香梅の和菓子、肥後六花を模して作られた生菓子や、お抹茶、珈琲、ケーキなども
    楽しめます。

   

※熊本市帯山 香梅ドゥ・アート帯山店/香梅アートギャラリー 3/16(土)〜3/28(土)/会期終了しました。

                 ( 壁面は真紅色)

 

  ※人吉市の「香梅アートスペース」人吉店舗 3/30(土)〜4/11(木)/会期終了しました。
 (壁面は樺茶黄土色)

 ※菊池市の「香梅アートスペース」菊池店舗 4/13(土)〜4/25(木)/会期終了しました
 (壁面は弁柄色)

 

 

 

 

  
comments(0)

アトリエ穂音 blog